どういたしまして


MRT 悠遊卡 捷運 搭乘證明
仕事でMRTを使いました。
仕事だから経費で落ちるやん。でも証明が必要だからレシートみたいのもらうやん。このレシートの名前がいつも聞き取ってもらえぬさちよです。
そんなMRTのレシートを発行してもらった時のほっこり話。

さて、このレシート、なんというのでしょう。
正解は『搭乘證明(ダーチェンジェンミン)』と言います。
いつも聞き取ってもらえず「どこからどこまでのレシート(收據ショージュー)!」と言うと、あーあれねはいはい と出してもらっておりました。
普段腹から声を出していないさちよの中国語は普通の台湾人にも聞き取ってもらいづらく、さらにちょうど風邪で喉がやられてしかもマスク着用。絶対聞き取ってもらえないだろうなぁ、と思ったら一発で聞き取ってくれた科技大樓駅の駅員さん男性職員。素晴らしい。
そういえばここ科技大樓駅はさちよが中国語習いに通ってた文化大学の最寄駅。外国人の中国語に慣れていたのかな。接客も(台湾人にしてはとっても)丁寧でルンルンだったさちよは最後にありがとうと言ったらにっこりして不客氣(ブーカーチー;どういたしまして)と優しく声をかけてくれました。おかげさまでその後のお仕事もルンルンでした。どうもありがとう。
息苦しくないの 鼻 みっぎー miggy 仕事中
しかしミッギー、邪魔だ。そして鼻が当たってて冷たい。息出来てんのかチミ。
「アタチも今大事なお仕事中(睡眠)なの…zzzzz」

むむむ。かわゆい。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です