バックパッカー天国

引越し完了ーーーぴかぴか(新しい)

昨日はお買い物の日で、スーパーででっかいカートを押しながら食料とか洗剤とか生活に必要なものを買い物しながら、
”あぁ、私、ここに住んでるんだ”って実感が湧いてきてちょっと幸せを感じてしまったうまい!

まだ来て1週間だけど、すでにいろんな親切な人に出会って
こんなにことがうまく運んでていいのかって思ってしまう。

家が決まる前は、エスプラネード沿いの1泊$18のバックパッカーに泊まってたんだけど、すごい貴重な体験だった。(ESPLANADE BACKPACKERSっていうところ)

最初はバックパッカーって危ないのかなーって思ってたけど、慣れてくうちに全然そんなことなくって、むしろもうちょっといたいと思ったくらい。

部屋は8人のドミトリーで男女混合。
3泊してるうちに、カッコイイFRENCH GUYS、AUSTRIAN GIRLS、GERMANY BOY、ENGLISH GUY・・・とメンバーは入れ替わり立代わりだったのだけれども。

ケアンズにはいろんな国のバックパッカーがいて。
もちろんほかの国からのワーホリの人もたくさんいて、バックパッカーで情報交換してる。

”どっから来たの?””あそこは仕事があるよ。”

みたいにね。

夜はビール飲みながら、自分の国だとかワニの体長についてアツク語って(若いなーと思った)、雨の日は、出かけられなくてリビングでテレビを見ていたら、みんなおんなじこと考えて、気づいたら20人くらいで夕方のテレビを囲んでた、なんてことも。知らない者同士なのに、なんだか妙な家族のような一体感。

旅好きな大学時代の友達には、
”若草がひとりで海外!?”なんてびっくりされたけど、
大丈夫(^-^)なんとかこんなINTERCULTURALな夜も過ごしてます。

バックパッカーになるのも悪くないかな、なんて思ったりして。

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です