先住民族たち

オーストラリアの先住民アボリジニ。

先日、このアボリジニのダンスの見れるディナーショーに行ってきました。アボリジニの中でもジャプカイという民族によって行われる『ジャプカイ・バイ・ナイト』。

ちょっと手の込んだディズニーランドのような仕掛けや迫力のあるダンスに見ごたえ十分だったし、お食事もおいしくいただきました。

アボリジニたちの生活状況は勉強不足の私にはあまりよく分からないのだけど、シティで暮らしていている彼らや聞く話からは実はあまりよいイメージはない。

ケアンズは安全な町だけど、それでも夜の一人歩きは危険だと言われる。
歩いている人、ときには自転車に乗っている人までもがアボリジニに襲われて、お金を取られたっていう話をよく聞くから。ときどき、木の枝に乗って待ち伏せして、通り過ぎた人の前にジャンプして降ってくるとかいう話を聞くと恐ろしい。
アボリジニは国から補助金が出るらしく働かない。昼間はショッピングセンターの入り口に暇そうにたまっていたり、バーで飲んだくれてる姿をよく見かける。歩いているとときどき意味もなく怒鳴られたりする。

その一方でジャプカイで踊っていたアボリジニの若い男の子たちは自分たちの伝統を伝えようとして、お金をもらって仕事をしていて、町中のアボリジニと比べるとなんでこんなに違うんだろうとなんとも言えない気持ちになった。

アボリジニのアートとか、私はすごくcoolだと思うんだけどな。
暇ができたらこのことについてちょっと勉強してみたいなと思います。

★上:アボリジニの楽器、ディジュリル
下:火起こしの儀式

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です