シンガポール、Kopiの頼み方♪


ローカルコーヒーの頼み方。笑

 

Fun factsを読んでもらうと分かるのだけど、マレー語と中国語のホッケン語が混じっているよう。・・・ややこしい!(*_*)

 

しかも、シンガポール、みんな中国語でもペキン語を話している気がするが、なぜこの表現はホッケン語なのか?謎。

 

いわゆるこれが、シングリッシュ(Singlish – シンガポールイングリッシュ)の世界・・・あれ?てか英語は全く入っていないけど?混乱(@_@) そうか、すべての言語がごちゃまぜなのがシングリッシュだから、シングリッシュでいいのか・・・ひとりで納得。

 

ちなみにブラックコーヒーは、Kopi O kosong。

マレー語なら、Kopi kosongでブラックコーヒーって意味になるんじゃないの?と思うのだけど。

 

Kopi : コーヒー

O: ブラック

Kosong: 何もない

 

だけど、Kopi Oの時点で、既にコーヒー+砂糖(ミルクは抜き)になっているから、そこにkosongなのか、と分かったけど、ややこしくない?!?!

 

ミルクの種類に、コンデンスミルクとEvapocated Milkというのがあるらしく、Evapocated Milkって何?!と聞いたら、「コンデンスミルクの甘くないやつで、更にサラッとしてるやつ」らしい。何それ??笑 しかもEvapocated Milk入りのコーヒーは、Kopi Cで、Cの意味は、フレッシュらしい。

 

Googleで検索してみたが、Evapocated Milkは、コンデンスミルクみたいな缶に入っていて、どこがフレッシュなんじゃい!と更に謎は深まるばかり。

 

更にSweetness levelを見てほしい。

もうこれをマスターするのは到底無理だと思う。笑

 

あと、コーヒーの種類のところにある、シンガポールの不思議な飲み物、「Yuan Yang」。これは、コーヒー : 紅茶を1 : 1で割ったもの。

 

一度飲んだことあるけど、想像以上にヘンな味ではなかった、、、けど、こうやって飲む必要ある!??

作る人によって、紅茶が多いと紅茶寄りの味がするし、コーヒーが多いとコーヒー寄りの味がするという。。。アゲイン、なら紅茶かコーヒーでよくない?!

 

このメニューを眺めながら苦戦している私に友人から、二言。

 

「Welcome to Singlish!」

「若草、シンガポールに3年もいるのにまだ知らなかったの?」

 

と。笑

 

ローカルコーヒーが飲みたい方は、Caffeではなく、KAFE(マレー語でカフェ)のほうへどうぞ٩(๑´3`๑)۶ 笑

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です