さちよの中国語講座 〜屋台でどうやって買うかを聞く言葉〜


台湾 フルーツ デザート 桃 マンゴー キンカン

お昼上がりで会社に戻っていたら見つけました。いつもここにあるのは知っていたが時間が久々合ったー!とテンションが上がり購入。
前のおばちゃんが100元きっちりで買いたかったらしくあーだこーだずっとやっとりました。むむむ。おばちゃん早くしてよ。

4種類あるのの1個がキンカン、緑ぃのが青マンゴー(まだオレンジになってないマンゴー)、桃、あと赤いのがわからん!!このフルーツたちが生姜の甘い汁に浸かっております。甘いの好きなのさちよには持ってこいなデザートです。
でもね、こういうのって買い方がちょっと難しいの。さちよいつもドキドキする。

そんな時に聞く言葉、
「老闆,這個怎麼賣的。(らおばん、ゼェガゼンママイ。)」

これどうやって売ってるの??って意味です。
ここのはプラスチックの容器の小さいのと大きいのがあります。小さいのが150元だって。大きいのは聞いてない。あとは50グラムからグラム売りもしてるらしい。前のおばちゃんが全4種類100元で買うべく頑張ってました。どれも3~5個ずつくらいになっとった。少なっ!だいぶ待ってやっとさちよの出番。いつも買う桃と試食して美味しかったキンカンを小さい容器で半分ずつで入れてもらいました。

150元を握りしめお会計を待っていると、

「100元でいいよ。」

あれ、いいのおっちゃん??

お利口さんに前のおばちゃん待ってたからか安くしてくれました。らっきー♡

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です