さちよの中国語講座。自転車屋さん編


チャリ 修理 自転車 台湾

チャリ族なもんでちょいちょい修理に行くさちよです。
バイク大国台湾なだけあってバイク屋さんって多いんだけど自転車屋さんってなかなかないんだよね。おうちも引っ越したので近所になく困っておったんです。会社の近くにたまたま見つけて最近はそこに行くように。

おっちゃん、ブレーキの効きが悪いんだ!
引っ越す前によく行ってたおっちゃんおばちゃんコンビの自転車屋さんにはとにかく身振り手振りここがおかしいんだ!!!って頑張りました。

さて、ブレーキの効きが悪いってなんて伝えるのでしょうか。

「煞車軟軟的!(シャーチャールワンルワンダ)」

こんな感じでいいそうです。
煞車(シャーチャー)がブレーキのこと。へぇ〜耳で覚えてたから漢字初めて知った。
軟軟的(ルワンルワンダ)って文字のごとくやわらかいってことなんやけど、それでいいらしい。効きが悪い ってのがなんて言っていいかわからんて 変だ とか おかしい の意味の 怪怪的(グワイグワイダ) を乱用していたさちよです。

会社近くの自転車屋さんもやっぱりおっちゃん、ここのおっちゃんは小粒な感じで優しそうなおっちゃんです。
さちよが行ったときはお客はおらんものの古いパンクした自転車をいじっておりました。もしかしておっちゃん、趣味なの?前んとこのおっちゃんも趣味なごとくガラクタのような(おそらく彼らにとってお宝)ものたちが山のように、えぇそれは山のようにお店内にありました。ここも似たようなもんだ。

ブレーキ直してくれたと思ったら地面にダンボール引いて何か持ってきて自転車にまたなんかし出した。

ん?こりゃ油さしてくれてるな。

何も言ってないのに車輪とペダルとチェーンに油をさし出したおっちゃん。若干一人でプルプルしつつ片手で自転車抑えて片手で油さしてるの。そのうちつぶらな瞳で言われました。

「你可以幫忙嗎?(てつだってくれる?)」

もちろんです。早く言ってくれおっちゃん。

それは念入りに念入りにいろんなところをチェックして油さしてくれました。いい仕事するなおっちゃん。

おっちゃん、いくらだい?

「50元。」

え、まじ?おっちゃんほんとに趣味でしょ自転車屋さん。

仕上がったチャリンコはまるでタイヤに空気入れたばっかりのごとくの乗りごごちでした。すげ〜おっちゃん!
またなんかあったら行ーこぉっと。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です