贈り物の極意


390483881_210

今日、4月1日は妹の誕生日で
昨日は仕事のあと、お誕生日プレゼントをいろいろ選んでた。

私は基本的に、おくりものをするのが好きだ。
自分の物を買うよりも、おくりものをするほうが好きかもしれない。
驚いた顔を想像して、あれこれ選んでる時間が好きなんだよね。

前に働いてた会社のおじーちゃん社長が、いいこと言ってた。
贈り物を選ぶときは、いつも思い出してしまう。

『贈り物の極意は、その人が買わないようなものを選ぶこと』だって。

日本酒が好きな人に、
その人が買えるような日本酒を買っちゃダメなんだって。
あえて、その人が買わないような幻の日本酒とかを選ぶことが、
おもしろい。
でもそれは、別に値段の問題じゃなくてね。

うまく言えないけど、一種のサプライズ的な演出とその人のこと考えた、気持ちが大事なんじゃないかって、私は解釈してる。

それで今日はいろんなとこをブラブラしてみたけど、いまいちピンとくるものがなくて。
ピアスもポーチも手帳も、妹が好きそうなのがあったし、たぶん喜んでくれそうだったけど、なんか普通かなぁと思って。
「おもしろさ」に欠けるというか。
カラフルな動物のバスセットとかへんな人形とか、おもしろ狙いも考えたけど、
そのこたちの行く末を考えたら、捨てられそー(–;)
なのでそれもやめて、何も買えずに帰宅。

結局、家の近くのツタヤで一冊の本を買った。
サンクチュアリ出版の『LOVE&FREE 放浪しちゃえば?』っていう本。
前に電車の中で読んで、はずかしいくらいに涙が止まらなくなってしまったくらい、感銘を受けた本。

世界の夜景って写真集がきれいで、すーっごく、すーっごく迷ったけど、そっちのほうが私らしさが伝わる気がして。

私も好きなことやってるけど、妹もステキな人生をね、っていう意味を込めて。

ケーキとバースデーカードも買って渡しに行ったら…
寝起きだったらしく、渡すだけ渡して帰ってきたけど。
あとで開けて、喜んでくれるといいなぁと思います。

贈り物がさらっとできる人って、ステキだと思う。
お誕生日だったり、お土産だったり、お礼だったり、贈り物をする目的はいろいろあるけど、
そのときの目的だとか、贈る人によって、ぴったりの贈り物ができたら、気持ちがいい。
私はまだまだだけど、そういう人になりたいなぁと思った、帰り道。

P.S.さっちゃん、21才おめでとー(^-^)☆

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です