クナン・クナン

1514406685_152

インドネシア語で「クナン・クナン」は蛍の意味。

だから、クナン・クナンと名前の付くホテルからなら、蛍が見れるかもしれない。

・・・蛍を見に行ったわけではないんだけど、ウブドに行ってきました。
なーんか、久しぶりに一人になりたくって。

・・・と言ったら、同僚に、いつも一人じゃん!と言われましたけど。笑
(彼氏がいなくてすみませーん、って感じよね)

1514406685_245

今回の目的はーというと、心に響く重低音を奏でる竹のガムラン、ジェゴクと
ウブドアートに浸りたく、ネカ美術館。
うーーん、ウブドは確かに芸術の村でした。
バリが観光の地として発展したのが分かる気がする。
どこにもない、ここだけの文化が受け継がれ、守られてきているから。
そして、人々はそれに誇りをもってる。

旅にはハプニングがつきもの。
でも、そのハプニングを存分に楽しめたら、旅も上級者なんでないかと思う。

そしてかわいい子には旅をさせよ、というけれど
やっぱり旅はいい。
旅がしたい。
いつどんな、出会いが待っているか分からないからね。

1514406685_135

★写真

上:竹のガムラン、ジェゴクにあわせて、白鷺のように舞う女性たち。

真ん中:ウブド中心のサッカー場。こちらもワールドカップで盛り上がっています!

下:夜のウブド。ウブド王宮隣の交差点にて。

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です