カルマ

1559597887_185

バリの人は(インドネシアの人もかな)、
「Karma(カルマ)」というのを信じている。

いい行いをしたら、やがてそれが自分に返ってくる
悪い行いをしたら、それもやがて自分に返ってくる

今日の三日月は綺麗で、ふと、カルマの話を思い出した。

悲しみには有効期限があるのだと、昨日ananを読んでいたら書いてあった。
その期限が仮に48時間だとすると、48時間を悲しみに打ちひしがれてすぐに使い切ってしまう人と、じっくり使い切る人がいるんだとか。

 
48時間。
私は時と場合によって、どちらの使い方もするようだ。
そして、年を取ると、傷つく前に自分を守る術を覚えてしまう。

 
ついでにananには、あの時こう言うべきだったとか、あの時こうするべきだったとかいうネガティブな思いは、
そのときの自分にはそうすることしか出来なかった、自分にはまだ準備が出来てなかっただけだったと、肯定してみなさい、と書いてあった。

そう、ただそれだけのことだ。

苦しみや悲しみを乗り越えたら、そこには何があるんだろう?と思っていた。
別に、一人で生きていける強さがほしい訳じゃない。

強くなりたいと願ったのは、もっともっと
一人じゃなんにもできなかった、ハタチの頃の話だ。

★最近お気に入りのスミニャック・ビーチ

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です