ビーチと、星空と、ビンタンビールと。

1571592132_51

若草がバリに来て、あと2ヶ月で2年が経つ。
早かったような、長かったような、インドネシア生活。

就労ビザの切れる11月末で、若草は日本に帰ることにいたしました。


もともと2年、って思ってたんだけど
途中、仕事にどっぷりハマって、3年目いくか?と思われたけど
やっぱり更新はなし、の方向で私の気持ちは落ち着きました。

バリは、好きだけど
大好きかって聞かれたら、う~んってなってしまうし、
バリが好きで目を輝かせて移住してきた人が、感じたようなビビビッっていう感覚が、もともと若草にはないし
そういう人たちの中で、非常に浮いている自分を感じるし、
何よりも、私にとってここで生きていくことが合ってない、
この一言に尽きてしまうのです。

単純なツーリストとして
バリの文化って、繊細で、エキゾチックで、他にはないものが発展して洗練されてて、すごいと思う。
旅行者でまた戻ってきて、バリの、いいところだけを見れたら
いいのになって思う。
そしたら絶対、「リゾート地としてのバリ」を好きになれるって思うよ。

リゾートとしてのバリは好きだし、どんどん発展していくツーリズムは
目が離せなくて、可能性があって、面白いと思う。
スピードがあって、競争力がある。
ここで、ビジネスをしよう!っていう先進国の人の気持ちも分からないでもないよ。
先立つものがあるのなら、わたしだって勝負をかけてみたい、とも思うもん。

けど、生きていく場所としてのバリは、
先進国からきたわがままで個人主義な私には向いてなさすぎる、
この2年、けっこういろんな面を見たと思うし、けっこういろんな人に出会ったと思うけど。

「若草、なんで帰っちゃうの?Tidak suka Bali?(バリが好きじゃないの?)」って同僚がいう。私はいつもこう答える。

Because culture here is completely different, it’s a bit hard for me to live here.

でも、バリが嫌いなわけじゃない。
好きなのは、数少ないBaik hatiなあなたたちがいるからよ。

 
と、私は答える。
正直に言って申し訳ないと思いつつ。

住む場所も、働く会社も、友達も
好きじゃなきゃ、一緒にはいられないでしょ?
そういうことなんだと思う。

好きになろうと努力をして、ちょっと好きになってきたけど、結婚は決意できなかったっていう心境かな、笑

でもホントそう。

今度は旅行で、戻ってきたいなぁ~バリ。
できればハネムーンで、笑

★お気に入りのスミニャックビーチ、朝。
馬の散歩をしている人が!?

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です