初体験☆バリ

気づいたらまたまた来てしまった南半球。
赤道直下くらいだと、思っていたのに。

いい意味でも悪い意味でも毎日何かしらカルチャーショックを受けている日々。
オーストラリアのそれとは比べ物にならないくらい、毎日大なり小なりショックがある。

まだバリという土地に慣れない私の行動範囲は、
家⇔会社のたかが5分の距離。

その途中に、両替所があり、本屋さんがあり、デリがあるので
特に不便はないんだけど。デリはちょっと高めなので地元のスーパーに行こうと昨日初めてメータータクシーに乗りました。

タクシー初乗り、50円。

驚き。

相変わらずバリ人の洗礼を受け続けている若草ですが、
帰りのタクシーではメーターをスタートさせないでまたまたボッタくろうとするドライバーで、
「ちゃんとメーター動かしてね」と言うと、「チッ」と舌打ちされてスタート。
騙されないんだからッッ=3

デリまで帰りのタクシー、60円。

バリの物価は驚くほど安いです。
●500mlのペットボトルのお水 15円
●洋ナシ3個 45円
●ランチ 90円(飲み物・デザート頼んで)
●ポストカード1枚 20円

と、いったカンジ。

それから昨日から初出勤していて、
若草の仕事はバリのスパやヴィラの予約受付&手配。
今まで旅行業界で働いてたけど、ホテル予約って実は直接あんま関わったことがなくて(ケアンズでもホテル担当の人がいたしね)、ホテル手配って・・・大変だよネ=3
リクエストとか。変更とか。変更とか。変更とかバッド(下向き矢印)

でも、ココ泊まりたいなぁ~とかヴィラのページ見ながら勉強しているのは、私にとっての旅行業界で働く醍醐味のひとつであり。
とにかく楽しんでやってます。今のとこね。
慣れてきたら日本の雑誌でバリ特集が組まれているページの取材を受けたり、取材班のエスコートとか、バリの「現地スタッフ」として関わっていけたらな、と思っています。

 

社内はインドネシア人がほとんどで、日本人が8人いるけど、私以外はインドネシア語がペラペラ。私とローカルスタッフとの会話は英語。インドネシア語はまったんに教えてもらった「トリマカシー(ありがとう)」とTさんの「アバカバー(元気?)」しか分かんないもん>_<
生活に慣れてきたら、遠出したいな~うれしい顔

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です