Hari Rabuの夜

インドネシアで、恋人たちの日は土曜日の夜。

マラ・ミングー(土曜日の夜)はLOVEの日なんだよ、って教えてくれた土曜日の夜は確かにバイクを二人乗りするカップルでいっぱい。とても微笑ましい光景。

 

土曜日をインドネシア語でなんていうかまだ覚えてないけど、水曜日はHari Rabu(ハリ・ラブ)。水曜日だって、ラブの日じゃんって思った。

 

最近の私のインドネシア語のボキャブラリーは驚くほど増えていて、今までインドネシア語でメールが来てもまったく辞書とか調べようとも思わず、英語で返信しちゃったりしてた私が、寝る前に分からない単語を辞書を調べて勉強してるって、自分のモチベーションの違いがおかしかったりする。

 

私は今まで英語があればどこでも何とかなるんだって思ってきた。
でも英語も日本語もしゃべれない人とは、本当に“言葉が通じない”ってことが分かって。
でも。言葉が通じなくても、“伝えたい”っていう気持ちがあれば何とかなるんだって、初めて思った。それは本当に本当に、すごいことだと思う。
言葉が通じなくてもあきらめない気持ちと、お互いに相手を思いやる気持ちがあれば、問題は言葉ではないのかもしれない。

 

Hari Rabu(ハリ・ラブ)の夜。
夜のサヌールビーチを眺めながら、尽きないおしゃべりは、通じていたり通じてなかったり。
でも。そんなのが楽しかったり^^

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です