マレーシアはGrabが便利♪


16-12-28-23-50-23-709_deco

マレーシアは、東南アジアで一番タクシーの質が悪い気がします。

 

流しのタクシーを捕まえると、90%くらいのドライバーは、メーターを使いません。

 

どこどこまで行きたい、と伝えると、とんでもない金額を言ってきます。

私は以前KLで運転していたので、道や距離感がだいたい分かるので、そんな高いはずがない!と言い返すと、やれ渋滞だ〜なんだ〜と言い訳をしてくるドライバーたち。

 

ほんとにとんでもない金額を降っかけてきます。KLの中心地だと、2キロの距離をRM30.00(900円くらい)とかね。ふざけるな!と、私はいつも腹を立ててます。

 

だけど、次のタクシーを捕まえようが、みんなメーターを使わないので、RM5.00くらい安くなると、交渉に疲れて、まぁいっか、となって乗ってしまったりします。

 

時々メーターを使ってくれるドライバーがいますが、遠回りをするので、交渉した金額より高くなることもあります。(ホント疲れる。)

ちなみに金額交渉した場合は、もちろんドライバーは最短距離を走ります。

 

稀に、10人に、いや20人に?1人くらいの割合で、メーターを使って最短距離で走ってくれるドライバーに出会います。

こういう人には私はチップを払います。

 

全く、

真面目に働けば、相当の対価が与えられることを、不真面目なドライバーたちに知らしめたい◎

 

こんな疲れるマレーシアのタクシー事情。

先日のKL滞在で、すごいものに出会いました。それは、

 

「Grab」

 

マレーシアの以前のタクシー配車アプリ「My Taksi」が進化したものです。

「My Taksi」は、私は使ったことがありませんが、この「My Taksi」が使われるようになって、金額のボッタクリや、ドライバーによる危険行為や事件が減ったと、確か聞いたことがあります。

 

ちなみにKLのタクシーは、危険なことでも有名(?)で、ドライバーが強盗や強姦に早変わり、被害に遭われた方のニュースや話を私も何度か聞いたことがありました。

 

「My Taksi」では、事前にドライバーや車の情報が分かるので、道端で拾ったどこの誰か知らないドライバーよりは安全、のようでした。

ピックアップポイントとドロップオフポイントを入力すると、その距離での金額が出るので、ドライバーは金額をごまかせない仕組みでした。

 

これがバージョンアップして、「Grab」になっていて、「Grab」では普通のタクシーも呼べるけど、「Uber」みたいな一般のドライバーも呼べちゃうという。

 

私は「Grab」をホテルのFree Wifiでダウンロードして、一般車を呼んで使ってみましたが、全く問題なしでした。

 

一般車と言ったら心配されるかもしれませんが、悪質なタクシードライバーより何倍もみなさんきちんとしてました。

彼らは自分の車を運転して、隙間時間にお客さんを乗せてるので、お小遣い稼ぎですよね。まぁ、職にしちゃってる人もいるでしょうが。

車を呼ぶと、ドライバーのフルネームと今までのお客さんによるRating、車のナンバーと車種まで出るので、安心かと思います。

 

Majestic Hotelのタクシーで、Times Squareまで行った時、渋滞という言い訳で、な・ぜ・か!KLCCのほうからブキビンタンに下って、RM30.00くらいしましたが(散々文句言ってRM20.00しか払わなかったけどw 青いタクシーだったし。←高いタクシー)、「Grab」で呼んだ一般車でMajestic HotelからPavilionまで(ほぼ同距離)をRM9.00で移動できました。ストレス全くないので、RM10.00渡して、おつりはあげました。

 

マレーシアの素晴らしいところは、

 

どこにでもWifiがあるところ!

 

ショッピングモールや、レストラン、カフェにはだいたいあります。たまにパスワード入力が必要なところがありますが、店員さんがすぐに教えてくれるので、買い物や食事が終わったら、ダウンロードしておいたアプリで車を呼べばOKです。

 

「Grab」を使ったら、マレーシアのタクシーのストレスが全くなくなりました!

ちなみに空港までも「Grab」で行けました✌

 

みなさまも是非活用されてみてください^^

 

 

ちなみに「Grab」はシンガポールでも使えるので、「Uber」同様、私はシンガポールでも活用しています♪

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

“マレーシアはGrabが便利♪” への2件のフィードバック

  1. さちよ さちよ より:

    Uberシンガポールにもあるんだ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です