怒涛の3日間 〜 シンガポールで入院


img_20161227_082039_181

クリスマス真っ只中、24日から27日まで、実は若草、入院してました。

24日、お腹というか胃というか、とにかくなんか張ってて痛くて、24日の夜、緊急で24時間やってる私立の病院へ。

あの痛みは、うちの前の公立の病院(Government Hospital)に行って、4時間も5時間も待てない痛みだったから、

もう200ドルでも300ドルでもいいから私立の病院に行こうとタクシーで向かう。

 

私立病院は、待ち時間も10分くらいですぐ見てくれて、診断は予想外の「盲腸」。

若草、9月に「胃腸炎」(自己診断だけど→参考記事は、こちら)になっていたので、今度の痛みも、てっきり「胃炎」だと思ってました。

CTスキャンを撮って、「盲腸」確定とのことで、病院に来て4時間後くらいに即手術。

 

私立病院は、さすがの対応で、1日目、チューブとカテーテルに繋がれて何もできない私が、ナースコールを押しまくっても、すぐに駆けつけてくれるナースたち。

エアコンが寒いとか、暑いとか、寝すぎて背中痛いとか、頭痛いとか、吐き気がするとか、ブランケットもっとくれとか。

 

一番辛かったのは、一日目、何も食べれなくて、お水をすすることしか許されなかったこと。

二日目は、チューブが取れたので、食べていいよ、と言われたんだけど、与えられたのは、

朝食 : りんごジュース

昼食 : りんごジュース、ベシタブルスープ(透明な具なし)

ティータイム : 紅茶

夕食 : りんごジュース、チキンスープ(透明な具なし)

 

 

プチ断食でした😱

 

2日目からシャワーを浴びたり、歩いたりできるようになって、友達もお見舞いに来てくれました。

家族が遠く離れている外国暮らしで一番辛いのは、病気の時で、そんな時ほど、友達のありがたさが身に染みて感じられます。

クリスマスは、シンガポールでは三連休だったので、私の近しい友人たちはみんな海外、、、

そんなとき、

「助け合いだよ」

と言って、今回お見舞いに来てくれた友達の言葉にウルッときちゃいました。ありがとう😊

 

一日目にひたすら眠っていたので、二日目はもう眠りたくなくて、10分が過ぎるのも長すぎて地獄のようだったけど、友達と喋っていたら、5時間があっという間に過ぎて、みんなが帰った頃にはすっかり眠くなってました😊

 

三日目、お粥を食べることを許されて、半分くらいしか食べれなかったけど、食べて、吐いたりせずに問題なかったので、お昼に無事に退院しました。

 

退院直前のランチはこれでした。

16-12-30-19-37-56-174_deco

お魚のお粥・ロータススープ・フルーツ(パパイヤ)・オレンジジュース

この時はもうだいぶ食べれるように復活してました。

 

 

今の盲腸の手術って、右脇腹を切るんではなくて、おなかの3箇所に穴を開けて、gastroscopy(内視鏡)を使って盲腸を切断するようです。穴は、もちろん手術後は、寝返りを打ったり、咳をすると、痛いんだけど、このおかげで?3日間というスピードで退院できるのかなと思います。

 

ちなみに驚いたのは退院後のお支払い。

3日間の入院費用、手術費用等、外国人割増と夜間緊急もあって、計$24,000.00(約200万円)ほどしました😱私立だしね。。。

 

私は幸運な事に、ちょうど入院する一週間くらい前に、偶然にも自分で、保険会社の入院プランを購入していたので(年間$1000くらい)、全額保険で返ってきますが、保険がなかったら、と、ゾッとします。

 

入院プランを購入したのは、会社の保険のカバーは100%ではないので、その保険にトップアップする為に、でした。

 

☆参考記事

シンガポールの病院事情

 

保険って大事ですね。つくづく。まさか使わないだろうと思っていたのに、まさかでした。買っといてよかった。

ちなみに、外国人の場合は、保険会社が建て替えてくれないので、一旦自分で支払ってから、後日返金になりますので、貯金も大事ですよね。。。恐ろしや、シンガポール。

 

盲腸は英語で、「Appendix」。

胃炎は、「Gastoric」

麻酔は、「Anesthesia」。

副作用は、「Side effect」です。

病院に行くと、英語の語彙増えます。

 

あーー!来年は健康でいられますように!

みなさまもお体にはどうかお気をつけて!!

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です