ドリアンの誘惑


ドリアン シンガポール

昨日家に帰ったら、玄関から「アノ」においがしてきました。

そう、ドリアン!

みんなでせっせと、皮からドリアンの実をとっていました。

「ドリアン・パーティでもするの?」と聞くと、「一緒に食べる?」って言うので、お言葉に甘えました。

ドリアン・パーティっていうか、ドリアンみんなで食べるだけなんだけどネ。笑

ドリアン

嫌いな方は大嫌いですよね。でも 若草は、ドリアン大好きです!

でも、初めて食べたときにはドリアンが嫌いでした。

初めて食べたのは、忘れもしない十数年前に、バンコクに海外イチゴと旅行に行ったときのことです。

どういうノリだったか忘れちゃったけど、海外イチゴがドリアンを買ってきたので、私たちはバスの中で、人生初のドリアンを食べてみたのですが、あの時の感想は、

「匂いもくさいし、味もくさいし、後味もくさい」し、全くいいこと何ひとつない食べ物!!

でした。笑

数個のパックを買った気がするけど、結局食べ切れなかったような。食べた後もずーっと口の中や喉の奥までがドリアンの味で、ずーっとくさかったのを覚えています。まったく、なんでこんな食べ物が果物の王様なんだ!という気分でした◎

 

時が流れて、その10年後くらいに私はインドネシア・バリ島に住むことになるのですが、バリ島でもインドネシア人たちにはドリアンが大人気でした。

ローカルの友達といると、「あー、ドリアン食べたいー」とか「ドリアン食べる?」って状況によく遭遇していたのですが、その度にわたしは「ムリ!絶対ムリ!」とお断りをしていました。その度に「なんであんなに美味しいものが嫌いなんだ!」と言われながら。苦笑

ある時バリ島で出会った日本人の女の子に、「ドリアンはね、食べれば食べるほど美味しくなってくるんだよ」と言われました。1回目は確かに不味いけど、2回・3回・5回・10回って食べていくうちに、すっかりドリアンの美味しさが分かるようになるからって。

そこまでしてドリアンの美味しさなんて分かりたくない!って抵抗していた私ですが、「騙されたと思って食べてみなよ」と。それでも食べなかったのですが、あるとき会社で、ローカルの女の子たちがキッチンに集まってなにやらキャッキャしてたので、なんだろう?と思って見に行ったところ、ドリアンをみんなで食後のデザートに食べようと切っていたんですね。すると、一人の女の子が「Coba lah(食べてみて)」というので、「ムリムリムリムリ・・・・・・!」と断ったけど、押しが強すぎて、なんとなく受け取って食べてみたんです。

すると・・・・

おいし・・・・・い・・?

なにこのクリーミーさ!

ということで、もうひとつ。うん、おいしい。

その日から、私はドリアンの美味しさにハマったのでした。

確かに「ドリアンを食べれば食べるほど、美味しいと思うようになる」というのは、どうやら本当のようです。

ドリアン

ひとつドリアンの不思議をご紹介。

ドリアンを手で食べると、手もドリアンくさくなっちゃうんですが、ドリアンの実が入っていた房の部分(実を房から取り出した後。上の写真参照)に水を入れて、その中で手を洗うと、アラ不思議、ドリアン臭がなくなるのです。これは、東南アジアの共通常識みたいで、インドネシアでも、マレーシアでも、シンガポールでもみんな同じこと言ってました。

昨日初めて知ったのは、この房の中に塩水を入れて、それを飲むと、身体の火照りを抑えられるんだとか。

ドリアンはカロリーがとても高いので、食べた後に身体の中が熱くなる、とこちらの人は言います。実際、お酒+ドリアンの組み合わせはよくないらしくて、これは本当なのかは分かりませんが、お酒+ドリアンの組合せは最悪死に至ることもあると聞くこともあります。

昨日はドリアンを食べた後に塩水を飲んでみたところ、確かに身体の中がスッキリしたのと、後味のドリアン味が抑えられてる気がしました。

ドリアン、バリ島

ちなみにバリ島では、ドリアンの季節になると、こんなふうに道端でドリアンが売られていました。

日本では時々、高級スーパーとかでドリアン1個1万円とかで売ってるそうですが、こちらでは1個800円とか、1000円しないんじゃないかな。時期とか品種にもよりますが。マレーシアのドリアンの高級品種「猫山王」(これめっちゃおいしい)は、確か1個RM25(750円)くらいでした。「どこのお金持ちがドリアンに1万円も払って買うんだろうね?」とうちのシンガポーリアンと話していたところ、「それって、シンガポールで売ってるマスクメロンみたいだね!」と大爆笑していました。笑 シンガポールでも(マレーシアでも)、時期によって日本から空輸されてきたマスクメロンが高級スーパーで売られているのですが、1個1万円越えだったりして、現地のお金持ちの方たちが買っていきます。いやー、しかし、メロンが高いのは分かるけど、ドリアンはドリアンだよ!

東南アジアには、アイスクリームのフレーバーにドリアン味があったり(インドネシア人はだいたいこれを頼む)、ドリアンケーキや、キャンディなどなど、いろんなドリアンの楽しみ方があります。マレーシアでは、冷凍ドリアンを中国や香港に輸出したりするビジネスが好調のようだし。

今となれば私もドリアンは、んん~クリームチーズみたい♥って喜んで食べます。においも全然平気です。

みなさまも騙されたと思って、ドリアン食べてみてくださいネ♪

にほんブログ村 海外ブログへ

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です