デキる人って。


1678824095_188

お酒を飲む人って、なんで飲めない人に強制するんだろうね。
迷惑で仕方ない。

今日言われた。
「お酒が飲めないのに営業できるの?」

ニッポン社会のサラリーマンたちにだ。

私は、「つきあい」で食事に行ったり、飲みに行くのはちゃんと行く。
仕事のためだったらしょうがないと思うし、その場もそこそこ楽しめる。

だけど、ニッポン社会で理解ができないのが、
ワインを何本空けて、どれだけ吐いて、何時まで飲んでたとかいう武勇伝、
全く興味がないし、全く共感しないし、すごいとも全く思わない。
いちいち変な芸とかしなきゃいけないとか、醜態をさらさなきゃいけないっていう風潮も昔っから大っ嫌いだ。友達間ならそういうのは全然OKだけどさ。

「お酒を飲むと、その人がどういう人か分かるから」
「コミュニケーション能力だよ」
と彼らは言う。

吐くまでお酒を飲んで、醜態をさらすことでしか取れないコミュニケーションって何。

「お酒の力を借りることでしか」素を見せられないとか、楽しくコミュニケーションが取れないなんて、むしろそっちのほうが日常のコミュニケーション能力が低くて問題なんじゃないのか、とすら思う。

お酒を飲まなくたって、素は見せられるし、
楽しく会話はできる。相手のことを知ることだってできる。
それができない人が、お酒の力に頼るんじゃんね。

お酒は気の合う仲間と楽しく飲みたい。
その営業先の人が気が合って楽しいならいいんだけどさ。
じゃなきゃ、お酒はスマートに飲みたい。

もちろん、吐くまで飲んで、醜態さらせば
取引先から仕事がもらえたりすることは分かってる。
必要なことだってのも分かってる。
でも、限度ってあるでしょ。

お酒が飲めないからって営業ができないって決めつけられるのは心外だし、私は私なりのやり方でやらせてもらう。要は結果を出せばいいんでしょ?

おかしいよ、日本社会。
そういうのはしたくないんですって言うと、
「日本社会に適応できない」ってレッテルを貼られる。

足並み揃えて、他とは違うものにビクビクしているつまらない人たち。
むしろ、
こっちがそういう人たちと一緒にいたくないね!ってこっちから願い下げですけど。

時間の無駄。お金も無駄。

もっと他にやるべきことあるんじゃないの?って思う。
馬鹿な大人たち。

こんな、イライラしてる、私のエネルギーも無駄使い。
笑ってテキトーにかわせなかった私のコミュニケーション能力不足でもあるからよけー悔しいわ。

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です