台湾のペット事情


さちよから見ると、日本と同じくらい台湾でも身近にペットたちは飼われていると思う。

13、4年前初めてきた台湾は野良犬たちはゴロゴロおったけど、まだまだそこまで愛玩犬がいなかった気がする。ペットサロンもそんなになかったし。でも今ではそっこら中にペットサロンがある。

犬と猫を比べると、比率的にはおそらくワンコの方が飼っている人が多いだろう。
基本的に日本と同じで室内外が多い。これはおそらくさちよがいる台北に一軒家がほとんどないからってのが理由かなと思います。あとは野良か半野良(ご飯やってる人がいる)は街中にいるけど、彼らが人に危害を加えているのは見たことがない。

犬種で人気なのはこれまた日本と同じで茶プー(プードルの茶色)が多い気がする。プードルと言ったらとにかくほぼ茶色い(レッドやブラウンも茶色としてさせていただきます。)。あとはマルチーズ、シーズー、ダックス、ゴールデン、ラブ、、たまにハスキー、チャウチャウ、柴犬、、かなぁ。台湾ならではだなと思うのは台湾犬。立ち耳で足が長く顔がシュッとしたぱっと見ミックスのワンコ。黒が多いです。台湾犬以外はほぼほぼ日本と変わらないと思う。

台湾の天候は湿気が多めなので皮膚病のペットが多めです。台湾のハスキーで皮膚病じゃない犬を見たことがない気がする。(ハスキーは寒い土地の犬だったから暑さも湿度とも無縁の土地で暮らしてたからね。)台湾は本当に合わないんだと思う。でも結構な確率で見かけるんだよね〜〜。かわいそうに。笑
夏は猛烈に暑くムシムシなので猫も犬もサマーカットなんて当たり前。大型犬から小型犬まで、顔以外つんつるてんなんてザラすぎて見慣れました。

皮膚が悪い子はよく見かけるけど、でも台湾のペットたちはここののんびりした台湾人が飼っているからか、あまりすっごく問題を起こすワンコを見かけない気がする。ワンコものん気、つーか。台湾 ペット事情
この子達を見てわかるようにこんな感じでのん気です。ま、うちの子はお利口さんすぎるんだけどね♡

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です