カナダ 語学留学

カナダでは、英語とフランス語が公用語として定められていて、英語とフランス語の語学学校がある。
外国人向けの英語コースは、ESL(English as a Second Language)と呼ばれ、大学やカレッジの英語研修機関と私立の英語学校がある。
大学とカレッジの英語学校は、大学に入学したい学生のために設けられているので、進学を希望する学生に向いている。私立の英語学校は、コースの内容や期間などを比較的にフレキシブルに設定でき、短期留学に適している。
フランス語を学ぶ場合は、公立のカレッジ、大学の付属校、または私立の語学学校のFSL(French as a Second Language)コースで学ぶことになる。FSLとは、フランス語を母国語としない人のためのフランス語のカリキュラムのこと。

入学条件
英語コース:上級の英語コースを除き、入学条件はほとんどない。

フランス語コース:
大学・カレッジの語学コースは、18歳以上(高校卒業者)を対象。
私立の語学学校は、8歳~18歳までが対象の学校と18歳以上を対象としている学校がある。

授業料の目安
大学・カレッジの語学コース: C$1,200~C$1,700/4週間
私立の語学学校: C$1,000~C$1,200/4週間

入学時期とコースの期間
大学・カレッジの英語コースは、1学期(12~15週間)ごとにコースが修了するので、入学できる時期が決まっている。
私立の語学学校は、たいていフレキシブルに入学時期、期間とも設定できる。

留学までの流れ
1.情報収集、計画
留学に必要な情報を集め、留学のプランを計画する。
留学の手続きを自分で行うか、留学サポート団体に依頼するか決める。

2.出願
希望する学校の願書などの提出書類を取り寄せる。ほとんどは、学校のウェブサイトで、資料や願書の入手ができる。学校に必要書類の送付、授業料・諸経費の支払い、その他必要な手続きを行い、就学許可書(Letter of Acceptance)を取得する。

3.滞在先の手配
滞在先を決める。

4.ビザの申請
サマープログラムや6カ月以内の留学は、eTA(電子渡航認証)が必要。6か月以上留学する場合は、就学許可書(Study Permit)が必要。また、ケベック州への留学には、ケベック州就学許可証(CAQ)が必要。

5.渡航準備

参考;
カナダ留学ガイド

在日カナダ大使館
・「英語を学ぶ (ESL) 学校の種類/カナダのESLの種類
・「英語を学ぶ (ESL) 入学手続き
・「フランス語を学ぶ (FSL) はじめに
・「フランス語を学ぶ (FSL) 学校の種類
・「フランス語を学ぶ (FSL) 入学手続き

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です