『ぱぱい』


台湾人と喋ってると最後に言われる言葉。

『ぱぱい』

ぱぱい

初め何を意味しているのか全くわからなかったんだけど、『拜拜』のことでした。

拜拜 は bye-bye のこと。そう。バイバイと言っているのです。でもさちよにはどぉーーしても、『ぱぱい』って聞こえるの。

「拜拜」の発音は「bài bài 」。

中国語では「b」の発音は「ぱ」っぽくなるのです。(さちよの耳には「ば」と「ぱ」の間の音に聞こえる。)

『 ぱぱい 』

この発音がさちよは大好きです。なんか可愛い( ´艸`)

相手が友達同士でも、職場の人でも、先輩や先生やオーナーや社長でもお構いなし。
台湾人はこの『 ぱぱい 』 を使います。

初めは え?!それいいの?! とビックリしてたんだけど、いいんです。
電話で何かを問い合わせた時も最後は『ぱぱい』。

日本人だったら考えられないよね。
社長にバイバイって言ったらどうなるんだろう。

初めは慣れなかったけど今では誰にでもこの『ぱぱい』、言いまくってます。

名前も皆呼び捨て。誰もさちよに『さん』なんて付けない。目上の人を呼ぶ時も「さん」はいらない。誰も気にしない。こういうのってすごく楽チンだなって思う。

日本人同士でも中国語で喋ると『さちよ』を中国語読みした発音の名前だけで呼ばれるけれど、おもしろいことに日本語になるといきなり『さちよさん』になったりする。そして敬語。日本人て面白いなと思いました。そんな私も年上の人と日本語で喋るとさん付けの敬語になります。習慣ておもしろい。

前、いろいろお手伝いをしていた台湾人の方(日本語ちょっと喋れる)が、つたない日本語で日本人の方と電話会議をしていたんだけど、最後に『ぱぱい』と言っていて、ヒヤッとした。

NO----------!!!!!!日本人にそれはイカーーーン!!!

が、最後までそれを伝えずじまいだった私。どう説明していいかわかんなかったんだもん。涙

文化の違いですね。
では今日はこの辺で、

ぱぱい

ぼよよんコップ
台湾人の友達の家にあった ぼよよんコップ ↑

日本ブログ村バナー
にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です