台湾にてダイビングライセンスを取得!


台湾 ダイビング ライセンス 墾丁

ダイビングのライセンスを台湾で取りました。

どうせなら海の綺麗なところで取りたかったので、墾丁でやることにしました。墾丁は、台湾の最南端にある映画《海角七號》の舞台にもなったところです。海が綺麗なの〜♡

全く観光せず、ひたすら机に向かい勉強して海で練習しました。

期間は2泊3日。取ったのはSSIのOpen Water Diverです。初のダイビングライセンスでございます。

open water diverは4回海に潜ってテストで80点以上取らなくちゃいけないんだって。

実技はそこそこ自信はあったものの、授業は全て中国語でテストもあったのでかーなーりーの不安でした。

1日目、朝から授業。たしか7時半だったはず。事前にこれを見ておいてくださいと何本かの映像をもらっていたのでなんとなく意味はわかった。で、午後は潜ったの。先生に準備の仕方を教えてもらって、速攻海へ。お、重い。。。さちよより一回り小さな先生が軽々持ち上げる中、こちらしっかり立たんと転がるところだったっちゅーねん。そんなこんなで先にフィンとゴーグルだけつけて潜る練習。なにそれ、超楽勝。そっからボンベを担いでゴーグルに水が入った時の対処方法と息吸うやつの対処方法。ゴーグルはずしてまたつけるやつ、無事やり終わってから恐怖が襲ってきたさちよです。こわかったー!!2度とやりたくない。そっから下降する練習。1日目で最高に疲れました。

しかし悲劇はここから。授業が終わり墾丁で有名な老街に夕ご飯食いに行ったら、その晩嘔吐&下痢。寝れぬ、気持ち悪い、具合ワルーーイ!!!

げっそりしながら2日目7時半。またしても授業です。が、もうほんと無理で無理で、部屋で休ませてもらいました。なのでワタス残りの半分の授業受けてないんです。10時くらいから2回目のダイビング。ワタシげっそりしながら準備。そんなさちよに向かって先生が一言。「海に潜ったら治るかもよ。」まっさかー!と思ったらその通りでした。ダイバーはみんなそうらしいです。午後にもう一回も潜って、合計三回のダイビング。その頃にはほぼほぼ復活。老街の海鮮は新鮮じゃないから食べちゃダメ、と先生たちに言われ、近くの海鮮屋さんでご飯。でもちょっと怖くてあまりたべれなかった。

で、3日目、ラストダイビングで完全復活したさちよは楽しくサンゴの花園を見てまいりました。いやー!さすが墾丁!ほんとに綺麗だった!そこがサンゴの花園ということもあり、たくさんのダイバーがいて写真撮りまくってました。でっかい魚が2匹きてぐるぐる人の周りを回ってた。かわいー(&おいしそー)。実技は問題なく終了、まだまだコントロールできないけどなんとなくコツがつかめた気がするー。楽しかった。

問題は午後のテストやねん。ギリギリまでネット上で一課一課ごとに試せるテストをやりまくりました。ここから本番のテストも結構出るって聞いたけん。授業やってないとことか、泣きそうだった。

なんやかんやでテストも無事合格。目の前で採点されてドキドキでした。

台北に戻って何日かたったら免許みたいなダイビングライセンスが届きました。感動。

墾丁で取って良かったな〜と思った。あそこの人たちはのんびりしておる。臨機応変。本来2日で取ろうとしてたんだけど、3日のほうがいいよ〜まぁ2日でもできるけど どっちでもいいよ。だって。授業も何時から何時まで!!と決まっているわけじゃなく、質問があればいつまででも授業、その後の予定も臨機応変。あと、何より実技がプールじゃなくて全て本物の海って所も嬉しかった。(台北はどうやらプールで練習してから海に行くらしい。)墾丁の観光はほぼしなかったけど、海がほんとに綺麗でした。

中国語でライセンス取れたこともさちよにとって自信になったし、今回頑張って良かったです。

ちなみに、2泊3日でopen water diverの費用は12,000元でした。今のレートで換算したら地元の新潟のほうが安かったことは内緒です。

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です