中国語の電話が怖いのです。


うちに帰ってみるとポストになんか貼られとる。ガス 台湾

なんだこれ??

と思ったら、ガスのメーター期限までに書かなかったから電話して、って内容だった。

あー、今回誰も書かなかったからな〜。。

台湾は2ヶ月に一回電気水道ガス代を支払います。うちは水道とガスのメーターが家の中にあるから自分で書かなきゃいけないのだ。自分で書けちゃうから、嘘書けちゃうじゃんね!って誰かに言ったら、まぁだれも嘘書かないでしょって前提らしい。ちなみに表をよく見たら年に一回メーターを確認させてもらうって書いてあった。なるほどね〜。

自分でメーターの数字を書くこのやり方は少し古いらしく、今では少しずつ変わっているそうな。ほんとか?

毎回2ヶ月ごとの月末に門にピンクい紙が貼られて何月何日までに書いてね!ってなってるの。毎回あー、メーター見んきゃーって思いつつ、書くの忘れたうちの者達。初めてポストに電話して!って紙が貼られました。

さちよ電話してみる!できんかったらお願いするね!って意気揚々にシェアメイトに言い放ち、電話してみました。(電話での中国語、大の苦手なのだ。)

どきどきしながら電話して、何言うとるかようわからんかったけも分機の番号おしたら男の人につながる。え、全部自動音声って書いてあったのに、嘘つき。メーター書くの忘れちゃったの、っていったらあんたんとこの番号教えて、って言われたので書いてある番号いったら、はい メーターいくつ?的なこと聞かれたので0503.2と元気に答えました。はい、これで大丈夫だよ。はーいありがとーばいばーい。がちゃ

 

いえーい!

頑張った。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です