カナダ ワーキングホリデーの条件と申請方法

カナダのワーキングホリデーの概要を見ていきましょう。
カナダではワーキングホリデーのことを、インターナショナル・エクスペリエンス・カナダ(IEC)と呼ばれています。カナダで最長1年間滞在し、就学、就労など海外生活を体験することができます。

ワーホリ期間
最長1年まで

発給制限
6500人

参加枠は、先着順で割り当てられます。
2014年は、1月16日から申請受付が開始されました。ここ数年は定員数も増え制限数を上回ることがない状態が続いています。発給状況は、カナダ大使館のサイトでチェック!です。

就学制限
期間は6か月以内

ワーホリビザで、就学できるのは6カ月までです。
それ以上の期間学ぶには、学生ビザが必要です。

就労制限
特に制限はなし

参加条件
・日本国籍の人
・年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下
・最低2500カナダドル相当の資金がある(約20万円)
・150カナダドルのプログラム参加費の支払いができること
・滞在期間中の病気を補うことができる医療保険に加入すること
 (カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示が必要な場合あり)
・以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない
・カナダ国内で仕事が内定していないこと

年齢は、申請受理日で審査されるので30歳の人は早めに申請しましょう。
資金に関しては、入国時に資金証明を要求されることはないようですが、ある程度過ごせる資金は必要でしょう。
150カナダドルのプログラム参加費とは、カナダのワーキングホリデーに参加する費用のことで、申請後に、カナダドルでクレジットカードで支払うか、日本円で銀行送金します。
医療保険は、カナダ滞在時の期間を保証することを義務付けていますので必ず入りましょう。保険加入がない場合は、入国が拒否される場合があります。

申請方法
審査は2段階
・KompassでのIEC申請
・MyCICでの就労許可証申請

2つとも、オンラインで申請でき、英語かフランス語で作成です。
まずは、カナダ大使館の「kompass」というシステムで、ワーホリの申請をします。次に、カナダ移民局の「MyCIC」というシステムで、POE就労許可の申請をします。
POE就労許可証の申請に通ると、就労許可通知書が得られ、入国時に、入国審査官を提示してIEC就労許可証が発給されます。

POE就労許可証の有効期限は、発行日から1年間有効で、この期間に入国すればOK。入国時に発給されるIEC就労許可証の有効期限は、入国日から1年間が滞在期限でーす。

参考;カナダ外務・国際貿易省 在日カナダ大使館
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/experience_canada_experience/index.aspx?lang=jpn

日本ブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です