台湾から


snacks from Taiwan

うちのシンガポール人の家族が、昨晩1週間の台湾トリップから帰国しました。

お土産にもらったスナックたち。なぜか日本語で書いてあるのが気になるけど、ありがたくいただきます(^ー^) ありがとーう♪

「台湾どうだった?」と聞いたら、ぐったりして「たぶんもう二度と行かないと思う」と。

びっくり。

私は妹が台湾に住んでいるので、台湾はさぞかし住みやすいところなんだろうと思っておりました。でもまぁ、国の好き嫌いはその人の好みだよね。油で揚げた食べ物が多くて合わなかった、というのをひとつ理由に挙げていたけど、その他詳しく聞くのはやめてみました。なんだか、あまりにぐったりしていてかわいそうだったから。でも言っていたのは、「台湾人はみんなすごくすごく、いい人たちだったよ」と。

自分たちシンガポーリアンは、snob(高飛車、の意味)な人たちが多いけど、台湾人はガツガツしてなくて、温和でとても親切と重ねて言っていた。日本人に近いかもねと。人々の性格もそうだし、街も日本っぽいと言っていた。(そうなの、妹?)

もっと言うならシンガポールも日本の影響を受けているけど、それでもwesternize(欧米化)もされていて、いい意味で日本と欧米文化の間って感じだけど、台湾は日本だねwと。若い女の子の話し方がアニメっぽい、とも言っていたよ。笑

わたしは台湾に行ったことがないので、へぇーとこの話を興味深く聞いていて、妹がいるうちにいつか遊びに行くので、そのときはよろしくね、妹よ。

シンガポールリバー

わたしはシンガポーリアンはsnobって思ったこと、今のところ一度もなくて、今のわたしの周りにいるこの家族だとか、会社の人や、友人は、幸いなことにいつも困ったときに助けてくれるし、Happyだし、みんなとても親切でガツガツしてなくて、大好きだけどな。例えばタクシーの運転手さんたちでさえ、失礼な人に今まで出会ったことがなくて、これから出会うのかもしれないけど、今のところ。降りるときに「Have a nice day」なんてスマイルで言われたら、シンガポール大好きだわ、と思わざるを得ません。この国の人たちには心の余裕があるのね、と。

写真は、全然関係ないけど、こちらもシンガポールリバー沿いを散歩していたときに見つけた、今にも川に飛び込みそうな少年たち、の像。

んんんーー、シンガポールは大好きだけど、やっぱりシンガポールのセンスはいまいちよく分かりません。笑

日本ブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です