それは本当に必要なCCなのか


IMG_20151201_092624

会社のメールボックスには、不必要なCCがたくさん届き、毎日300通以上のメールを受信する。

いつも思うのだが、そのCC、本当に必要?

って。

自分がすぐに返信できないとき、フォローしてくれる人をCCに入れるのは分かる。

上司に自分が何をしているか示すために、上司にCCを入れるのも分かる。

だけど、グループメールアドレスで、チーム全員に毎回のコレスポンディンスを、CCする必要は果たしてあるのか?と、不必要なメールを飛ばし読みしながら私は思う。

 

グループアドレス入れることによって、自分の責任を軽減してるんだろうな、とたまに思う。

だってCC入れたじゃん!見てなかったの?見てたらその時に言うべきだ!

って。

言えるじゃんね。

悪いけど、他人のコレポンのメールチェックが私の仕事じゃない。

 

だいたい、責任転嫁する前に、自分のパートは完璧に終わらせて、次の人に繋げるのが仕事ってもんだ。

仕事で何が問題になるかっていったら、

いつも誰かのチェックミス、怠惰さ、

その他に何か流れを妨げるものってある?

天災とか事故とかの不可抗力を除いて。

 

それに、

どうでもいいことは、不必要にシェアする割に、

必要な情報、有意義な情報、決定事項はシェアしたがらない。

 

チームなら、

チーム全体がどう成長していくかをシェアして、助け合うべきだ。

 

不必要なメールに追われて、

さっきコーディネーターの子が、

“Because I m busy!”

と、

キレてきたので、逆に言ってやった。

“忙しいから”

は、言い訳にはなるけど、理由にはならない。

 

東南アジアの人は、簡単に忙しいからできない、という。しかも、それをお客さんにも言う。

カルチャー、と言えばそれまでだけど、

そこに、彼らの成長は全くない。

 

忙しいなら、どうやったら、効率よく仕事ができるのか、考えればいいじゃん。

それが仕事じゃないの?

 

でも、

アタマ使わないで、右から左に流すだけが、

みんな仕事なんだよね。

 

賢い人と、働きたい。

15-12-01-13-37-33-293_deco

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です