カトンでニョニャ料理を♪


15-10-19-20-21-32-083_deco

カトンでプラナカン建築に触れたあとは、Joo Chiat Roadを北上して、ニョニャ料理のお店「Chili Padi (チリ・パディ)」へ。

ニョニャ料理って、マレー料理と中華料理が合わさったお料理で、マレーの土地にやってきたチャイニーズの方たちが、プラナカンの文化とともに発展させたお料理です。

マレー料理ほどスパイシーでなく、中華の要素が加わるから、食べやすくなってます。

15-10-19-20-20-49-871_deco

店内のテーブルには、バティック(インドネシアとかマレーシアの染布)のテーブルクロスがかけられて、雰囲気がありますよね。

15-10-19-20-22-23-352_deco

取皿のこのチープ感も、なんだかノスタルジック。

15-10-19-20-21-32-083_deco

いろいろ頼みましたが、左下がアヤム・ゴレン(鶏の唐揚げ)、ラップみたいなのがマレー風のポピア、右の茶色いのはルンダン(牛肉を煮込んだやつ)と、スープはたけのこと鶏のつみれのスープ。

どれもマレー料理よりもマイルドなお味で、食べやすくておいしかったです!

ニョニャ料理のメインはといえば、こちら。

15-10-19-20-19-29-649_deco

フィッシュ・ヘッド・カレー

魚の頭でダシをとって、そのままどーーんと出てきます。これがごはんに合っておいしいのですよね(๑´ڡ`๑)

 

五人でビールとか飲んで、一人50-60ドルだったかと。なかなか良心的な価格設定だった記憶です。いつもあいまいですみません

 

「チリ・パディ」

なにはともあれ、おいしいのでオススメです✨

 

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です