台湾の果物『文旦』


台湾 果物 文旦

台湾には『文旦(ブンタン)』と言う果物があります。

日本語名では ザボン というのだそう。またの名はポンカン。さちよポンカンなら聞いたことある!

ところが、台湾の文旦は、黄色じゃなくて緑色、しかも丸くなくて洋梨のような形。(残念ながら誤って消してしまったので写真がありませぬ。。。)

中秋節(日本でいうお月見)のときによく食べる習慣があるの。中国語習ってるとき学校の中秋節の行事でたくさん食べた思い出があるの〜。

酸っぱくなくてグレープフルーツみたいにベタベタしない文旦。大好きなフルーツの一つです。

てことでスーパーで購入。ところが、すぐに食べちゃダメなんだって。買いたての頃はまだまだ熟してなくて甘くないそう。しょうがないから1週間くらい放置。皮が柔らかくなったらいいそうです。文旦の中では皮が破けて身が飛び出してるんだって。そしたら熟して甘くなってる証拠なんだって。

洋梨みたいな頭の部分を先に切って、全体に切れ目を入れて頑張って指でむくんだけど、文旦の皮は厚ごいんだな。

ちなみに台湾の子供達はこの皮を帽子のようにかぶるのが定番らしいですよ。(写真のミッギーは先っぽの部分のみだから違うからね〜)

そして柑橘系の文旦、お腹の中の油を出してくれる作用があり食べ過ぎると下痢になりやすいそう。ワンコには与えすぎないでね!

さちよは一人で1玉食べても全然大丈夫だったんだけど、3切れ食べて下す人もいるそう。かわいそうに!!www

 

文旦食べると秋が来たな〜〜って感じ。美味しかった〜

 

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です