台湾のレシートは宝くじ


さて、ちょいちょい記事にアップしてる台湾のレシートですが、まとめてみます。

台湾のレシートは宝くじになっております。外国人でも当たったら換金できるのでチェックする価値はあるよ〜。

(※ただし台湾でのみ換金可能。)

レシートにも何種類かあります。

台湾 レシート 宝くじ台湾 レシート 宝くじ

この子たちの、アルファベット2文字+8桁の数字の部分。ここが宝くじになっておるわけです。

2ヶ月に1回発表されます。発表日などはレシートの裏に記載あり。

台湾 レシート 宝くじ

あれ、よく見えないね。発表日は奇数月の25日。今だったらレシートが9〜10月のもので、発表は11/25。

 

当選番号はこちらから確認。http://invoice.etax.nat.gov.tw(中国語のみ!)

当選番号のサイトは中国語のみで見にくいかもしれんけど、下記のご参照くださいな。

 

特別賞(1,000万元);8桁が全て一致

特賞(200万元);8桁が全て一致

1等(20万元);8桁が全て一致

2等(4万元);1等の下7桁が一致

3等(1万元);1等の下6桁が一致

4等(4,000元);1等の下5桁が一致

5等(1,000元);1等の下4桁が一致

6等(200元);1等の下3桁が一致or《增開6等》の番号と下3桁が一致

さちよは6等がちょいちょい当たります。さて、当たったら、換金場所は郵便局!必要書類はパスポートのみ!(居留所ある人は居留証でも可能。)レシートの裏に必要事項を記入してね。台湾 レシート 宝くじ

って言っても、全部書く必要はない。(さちよ全部書いたことない。)とりあえず5つ書いておけば多分大丈夫。

金額;当選した金額。200元 とか
中獎人姓名;自分の名前。フルネームね。
國民身分證統一編號;パスポート番号or居留証の番号
戶籍地址;住んでる所。ホテルとかの住所でも気づかれないであろう。(日本の住所書いたら手続きめんどくさくなるような…わからんけど。)
電話;電話番号。ホテルの電話番号でもいいんじゃない?(たぶん、知らんけも。)
で、郵便局に行くんだけど、窓口は郵便関係の所じゃなくて金融の窓口になります。レシート見せればどっちか教えてくれると思う。
あとは無言でレシートとパスポート見せれば換金できるはず〜!
ちなみに1万元以上の当選だと換金方法が少し違うそう。所定の郵便局のみ換金可能、さらにレシート一旦預かってお店に確認取るとかなんとか。当たったことがないのでよくわかりませぬ。あと5等以上は0.4%の印紙税がかかるそう。
なんせ発表日が2ヶ月締め翌月25日だから、旅行者の方はあまり現実味はないかもしれないんだけど、そしたらレシートを寄付すると言う手もある。街中を歩いてると透明な腰の高さくらいのboxがあって中にレシートが入ってるのを見たことある人もいるであろう。あれです。体が不自由な人や動物保護、恵まれない子供達など、なんかいろいろ種類があるのだ。そこの箱にレシートを寄付するのもあり。当たったら彼ら喜ぶね。もしくは友達にあげるか。さちよだったら嬉しい。
ま、さちよ今まで200元しか当たったことないんやけど、40代半ばの台湾人に聞いたら、最高4000元!だって。当たる確率はかなり低い。でも200元でも当たったら嬉しいのよ!
さて、なんでこんな制度があるかというと、脱税対策だそう。
もともとレシートを発行する習慣のなかった台湾。売り上げは自主申告だったから脱税はいっぱいあったんだって。

だから政府がレシートに番号つけて宝くじにしたそうな。消費者からしたら、レシートが欲しいよね〜。お店はレシート発行するよね〜。わお。脱税対策!お見事。でもお店側にもメリットがあるんだって。レシート欲しいからお客さんはものを買うよね。売り上げ貢献にもつながるそうです。さらに、レシートの半分は広告の役割もあるらしくいいアピールなんだそう。なるへそ。よくできた仕組みだ。
この制度導入してから納税金額は2倍になったんだって〜。すげー。
素晴らしい仕組みだと思います。
今後も200元でいいから当たりますよーに。

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です