台灣の就労ビザ 条件


台灣現地で就労ビザを出してもらう場合、いろいろ条件があります。(日本語教師は別だよ〜。)

 

まず、ビザ出してもらう側の条件。職歴が必要。しかも最終学歴によって違うのです。

大卒→2年以上、短大・専門・高校卒→5年以上、台灣の大学卒・大学院卒→職歴必要なし

ここがクリアされていないと申請すらできませぬ。さちよは専門卒なので5年以上の職歴が必要。ちなみにこの職歴、在職証明が出してもらえないとアウトなのです。例えば、1社10年働いてても在職証明書が出してもらえないとダメなの(そんなことないと思うけど)。まぁ、アルバイトだったらダメだよね。アルバイトでも在職証明書出してもらえれば大丈夫だけど。アルバイトでも在職証明出しちゃうと会社が損するって聞いたような。なんだったっけなぁ。忘れてしまった。

さちよは、平日契約社員・休日派遣社員でこれまでで合計4.5社の職歴、でもトータル5年以上でした。とにかくそれぞれの会社に在職証明書ください!!って連絡して無理やりもらった。ちなみにこの時2枚ください!!ってお願いしておくと後々便利です。うち在職証明書なんて出したことないYO!!って会社には 勤務開始年月日、勤務終了年月日、所属部署 この三点があれば大丈夫ですと伝えましょう。

ちなみにこの職歴、新しい仕事の関係するものがいいとされているんだけれども、関係してなくても大丈夫っちゃあ大丈夫。もし全く関係していなかったとしても、申請する時に無理やり関連性を付けて申請すれば良いのです。その辺は申請する会社の腕次第。このへん全く知らなくて素直に申請したら、通らないかもしれない、という感じでございます。さちよは居酒屋さんで働くことになった時、さちよの経歴は、トリマー・動物看護師・総務法務事務アシスタント・財務アシスタントという接客とは全くの無縁の経歴だったのだけれども、店長さんがものすごく頑張って、この子は今までこれらの仕事をしてきたからうちの居酒屋でも絶対に役に立ちます!!という書類を作ったそうです。後で聞かされた。とはいえ、申請が通るか通らないかの時はドキドキしたよ。通った時は嬉しかったよ。

 

ビザ出してもらう側の条件はこの1点のみ。あとは必要書類を準備できれば大丈夫。

え?必要書類も聞きたいの?もう、しょうがないなぁ。

①在職証明書

②学歴証明書

③パスポート

④証明写真6枚(4.5×3.5cm) 結構でかいの。最悪、申請に行った時に撮れるんだけれども、むっちゃ混んどる。

⑤賃貸契約書

 

この5つだったはず。はず。忘れたぜ。。

この①と②が少しめんどくさいの。日本で発行される書類だから、もし台灣で就職を考えて台灣に行くのなら先に準備しておいたほうがいいかもしれない。さちよ友達から早めに準備しておいたほうがいいよって聞かされてたからちょうど日本に帰る用事があったときに準備してたから申請のときかなりすんなり行ったけど、台灣にずっといて書類を集めようとすると少し大変。とくに学歴証明書は学校によってかなり時間がかかることもアリケリ。急いでる時はちょっと焦ります。申請費用がかかることもあるけど、就職台灣でするかもな〜〜って人は先に準備しとくべし。最初のほうに書いたけも、どっちも2枚もらっておくと便利です。なぜなら、申請ダメでしたーー。。ってなったときに、これらの書類は返ってこないみたいなの。そんなこと起こるの?って思うかもしれんけど、起こりうる。台灣なら大いにあり得る。

あとねー、⑤の賃貸契約書。例えば、友達と住んでてそんなものないYO!!って人も中にはいるかと思います。そんなときは、その友達に契約書書いてもらえばいいんでねーのん。友達との契約書を作ればいいんでねーのん。文具店に賃貸契約書って売ってるのよ。そこに名前住所身分証の番号ハンコ家賃の金額契約期間等諸々を記入すれば、使えます。もちろん、本来はダメだと思うので、やるならばれないようにね。さちよ責任は取れません。よろしくお願いいたします。

 

以上、こっち側が準備するものと条件でしたーー

次回は会社側の条件。これ、知っておくと便利です。

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です