コンデンスミルクのミルクティー、テ・タリ

テ・タリ

ローカルの友達とランチをしていて、食後に彼女が飲みたいと言って買ってきてくれた、「テ・タリ(Teh Tarik)。

マレーシアのミルクティーです。

ミルクじゃなくって、コンデンスミルクのミルクティー。お砂糖もどっさり入ってる甘くて、超濃厚なミルクティーです。

マレー語で、Teh(テ)は「お茶」、Tarik(タリッ)は「引く」の意味で、この紅茶、淹れ方がおもしろいんですよね。

ふたつのカップを使って、高いところから、カップを引くようにして下のカップに注ぐ。それを何度か繰り返して作るんですけど、そのしぐさから、Teh Tarikと呼ばれるそうです。淹れてるときの写真があれば分かりやすいんだけど。今度撮れたら撮ってきますね。シンガポールでは、アラブストリートとかに行ったら、テ・タリのお店があって、あの辺で見れるんだろうな。マレーシアでは、インド系のロティ・チャナイを売ってるお店で、おじさんがテ・タリ淹れてるのを見れたりしました。

マレーシア、シンガポールにはあるけれど、インドネシアにはテ・タリがないんですよね。マレーシアは紅茶の産地で、インドネシアはコーヒーの産地だからかなと。

それに、今気づいたんだけど、マレーシア、シンガポールでは、コーヒーも紅茶もコンデンスミルクとお砂糖で甘くして飲むけど、インドネシアではコーヒーも紅茶にもコンデンスミルク、というかミルクも使わなくて、入れるとしたらお砂糖だけ。または無糖で飲んでたなと。インドネシアではミルクは高級品だからかな?

 

久しぶりに飲んだらおいしかったけど、最近は、甘すぎるので自分から頼むことはないけれど(^^;

旅行でくる方だったら一度飲んでみると、おいしい!って思うと思うので是非試してみてくださいね^^

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です