シンガポールで親知らずを抜いた話


20150707_152437

シンガポールで親知らずを抜きました。

ベトナム記録を一時中断して、シンガポールの歯医者の話。

実はベトナム旅行初日、しかもホーチミンに向かう飛行機の中で、放置していた親知らずが痛み出しました。なんというタイミングの悪さ!

我慢したら治るかなーと思っていたら、痛みはひどくなるばかり。

お友達がちょうどロキソニンを持っていて、もらって飲んだら、3時間は痛くないんだけど、薬が切れてくると、もーー、痛いのなんの(泣)

ロキソニンがなくなって、イブを飲んでみたら、イブじゃ全然効かない!

2日目の朝、痛みで起きてしまって、痛くて眠れなくなったので、歯医者が開く時間を待って、緊急でホーチミンの歯医者に行くことに。

 

シンガポールって歯医者が高いんです。

シンガポーリアンは、Medisaveがあるから安いのかもしれないけど、外国人の私は、会社の保険は歯医者には使えなくて、1年でいくらまで会社に請求できますよ、って金額を越えたら自腹。規定は会社によると思うけどね。

ちなみに去年、痛んでる下の親知らずを抜こうとして、いろんな歯医者に値段を聞いてみたら、相場は800-900ドルでした。ちなみに上の場合は、200ドルほど。プラス診察代に80ドルくらい。

日本だと、保険証が使えるらしく、一万円くらいと聞きましたが、シンガポールは本気でこの値段。けして高いとこに聞いたわけでもなく、HDBの下に入ってる歯医者もこの値段(T_T)/~~~

 

で、ベトナムのほうが確実に安いだろうと思ったのもあり。もちろん現地語はしゃべれないので、インターナショナルなところへ。

レントゲンを撮ってみたら、親知らずとその隣の歯の間が虫歯になってました。

痛すぎて、すぐには抜けないというので、2-3日薬を飲んで痛みがなくなってから抜きなさいと歯医者さま。英語のしゃべれるベトナム人女性でした。2-3日後は私もうシンガポールですよー(泣)

ちなみに、ベトナムでの歯医者代、診察代US45ドル。薬US35ドル。ベトナムで親知らずを抜いた場合、US350ドル。シンガポールより全然安いです〜(´Д⊂ヽ

 

その後ホーチミンでは、処方された薬を飲んで、なんとか旅行を終えたのでした。友達ほんとごめんm(_ _)m超タイミング悪くて。

痛みは、頭を抱えるような痛みではないんだけど、痛い歯からくる重い継続的な鈍痛、、、笑うのもしゃべるのもツラかったけど、ホテルで寝てれば治るものでもないし、ほんとに困りました。。気を抜けば、痛い痛いとのたうちまわれるレベル。

 

旅行を終えてシンガポールに戻ってきたら、空港から歯医者へ直行。

そのまま親知らず抜いてもらいました。所要時間15分ほど。

麻酔が効いてたので、手術は痛くなかったのですが、痛いのは麻酔が切れた後なんですね!(T_T) 痛みにまたもや眠れず。食べれず。そして頬はまだ腫れている。悲

シンガポールで親知らずを抜くお値段は、890ドルと私の歯の場合言われましたが、レントゲンも撮ってるし、薬も持ってるし!と言ったら、750ドル(GST込み)まで下がりました。ディスカウントできるのか!と思ったけど、だいたいあの15分のオペで700ドルもする意味が分からん!

余計な出費なので、みなさまも歯の健康にはどうかお気をつけて(*>_<*)ノ

 

★写真は全然関係ないけど、シンガポールのとあるコンドミニアム。なんか近代的!

 

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です