古きよき日本?

タバナン
ATVというバギーのインスペクションで、タバナンに行ってきました。

バギーとは「全地形対応型」の乗り物らしい。
セミオートマチックのその乗り物は、ジェットコースターやラフティングが好きな人は好きだと思う!バリでは、田んぼの中の農道を走るんだけど、なんでこんな道を!?っていう道をずんずん行く。

その道がバギーのために細工されてるかと思いきや、「そのままの道です」と担当者の方。揺れる揺れるげっそり水の中を走るわ、急坂を下るは、ものすごいアドベンチャー!コワイです。

でもさすが、欧米人とか男の子は好きだよね・・・こういうの。
私は怖くて運転できなかったので、二人乗りし、会社の同僚に運転してもらってましたが。なので、景色を見る余裕がたくさんありました。

田んぼの中をこんな機械が列になって走る姿はなんかちょっと不思議でしたが、もう、景色がすごい!

ウブドのテガラランよりもナチュラルで見ごたえのあるライステラスがふつーにあって、ヤシの木や植物がモリモリ生えてて。道中、見たことあるような実がなっていたので、「これは何?」と聞くと、「あーそれ、カカオ」って!チョコレート!?

チョコレートってアフリカじゃないのー?!とそんなことで私は大興奮。笑。ふつーにドリアンとかも道端になってます。

こんな大自然の中、ふと耳を澄ますとセミが鳴いていて、トンボが飛び交い、
農作業のおばあちゃんがぼーっと休憩している姿は、昔の日本を思い出すようでほっとしました。
ていうか、実家の佐渡島を思い出しました◎

南部リゾートエリアのリゾート地が注目されがちなバリだけど、バリの本当の良さって、こういうところにあると思った一日でした。
タバナン

日本ブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です