強くあれ


ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シンガポール・フライヤー

海外に住んでいると、精神的に強くなります。

だって、日々が戦いですもん。

若草、3週間咳が止まらなくて、日を追うごとにひどくなってきていて、しまいには咳しすぎて吐いてしまうので、これはいかん!と、おとというちの近くのクリニックに行ったんですけどね。

前のブログにも書いたけど、こちらのお医者さまって、診察しても、病名とかちゃんと教えてくれなくて、とりあえず、「水たくさん飲んで」「抗生物質出しとくから」「ゆっくり休んで」。これしか言わないヽ(`Д´)ノプンプン

そんな診察なら私もできるわーい!と思いつつ、毎回腑に落ちない感じでした。

しかし今回は自分でいろいろ調べてたら、この病気かもしれないっていう心あたりがあったから、案の定、上のみっつしか言わない医者に向かって、

「あの、わたし○○って病気だと思うんですけど、どう思いますか?」

って聞いたら、

「その可能性はあるね」

と。ていうか、それって患者から言うんじゃなくて、医者から伝えるものじゃない?

そして、「じゃあ、それ用の抗生物質出しとくから」ってお医者さま。

わたしがその病名を言わなかったら、違う薬出されてたかもしれない。おかしいでしょう!

おかげでその抗生物質が効いてきている気がするけど、やっぱりおかしいでしょう!自分で病名先に調べなきゃいけないなんて。

日本だと、病院に行ったら、お医者さんにも看護婦さんにも優しくしてもらえるイメージだけど、こっちの病院って、全く心休まらない。笑

 

まー、シンガポールはまだいいほうだけど、マレーシアもインドネシアはもっとひどかったから。常に常に戦闘態勢。特に政府系の窓口とか、銀行とかに行ったときには、まー話が通じないったら=3

そして一時帰国した日本で、窓口のお姉さんが笑顔で丁寧で優しいと、あぁ、日本では戦わなくていいんだ。と、ホッとしてしまう。笑 病院はやさしくされるところよね、と。笑

でも海外では、タフでないと損しちゃうっていうか、騙されたりするから、強くいなきゃいけない。

だから、若草、強くなりすぎちゃって困ってます(・・;) だけど決して、強くなりたいわけじゃないんだけどなー

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です