アメリカ渡航に必要なESTA(電子渡航認証システム)について

アメリカに短期(90日以下)の渡航をする場合、ビザ免除プログラムによりビザは必要ありませんが、渡航前に電子渡航認証システム(ESTA)で認証される必要があります。

ESTA(電子渡航認証システム)とは

米国渡航者のESTA申請
 電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されています。米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国における乗り継ぎ含む)は、査証(ビザ)は免除されていますが、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。なお、米国政府は、2010年9月8日以降、ESTA申請時には、一人当たり14米ドルを課しており、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)とのことです。事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機等への搭乗や米国への入国を拒否されますので御注意ください。

引用;「米国へ渡航される方へ:ESTA(電子渡航認証システム)に申請してください」『外務省』

申請対象者
・アメリカに観光や商用でビザなしで90日以内の滞在目的で渡航する人
・第三国へ向かうため、アメリカで乗り継ぎをする人

申請時期
アメリカに渡航する前に申請すること。
米国国土安全保障省は、少なくともアメリカへ出発する72時間前までには申請することを推奨しています。

申請から認証までかかる時間
ほとんどの場合、申請の回答は即時に判定される。
判定が保留の回答の場合は、72時間以内に最終回答が判定される。

申請方法
ESTA申請サイトから申請
URL;https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

申請料金
14ドル
支払いは、以下のクレジットカードまたはデビットカードのみ
MasterCard、 VISA、American Express、Discover(JCB, Diners Club)

有効期限
取り消されない限り、渡航認証は、認証日から2年間、またはパスポートの有効期限が切れるまでのいずれか先に到来する日まで有効。

参考;
米国大使館 東京・日本
・「米国大使館ESTA(エスタ)申請公式ウェブサイト
・「ESTA電子渡航認証システムについてのよくある質問
ESTA申請サイト
・「ヘルプ よくある質問

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です