BUY 1 FREE 1がお好き @ シンガポール


Cold Storageでキウイを買ったら、$5.89@1パック(4個入り)、$9.99@2パックというプロモーションをやってました。

私は一人なので、一人で8個もキウイ食べないので、2パックはいらないと思って、割高だけど1パックでいいやってレジに持っていったのですが、レジで2個買うと安いよって案の定言われました。

その度に、No Thank youと言うのが若干めんどくさい、若草です。

ちょうどさっきも、The Body Shopでボディバターを買ったのですが、1個$30、2個買うと2個目は15%オフというセールをやっていたらしく、商品を見ている最中も、レジでお金を払っているときも何度も何度も、15%オフだよ、ほんとに1個でいいの?と何度も、何度も、聞かれて、しまいには

“I said I DON’T WANT!!!”

とキレました。

ほんとしつこかった、あのチャイニーズのおばちゃん=3

 

シンガポーリアンってこういう、「BUY 1 FREE 1(1個買ったら1個タダ)」とか「BUY 2  15% OFF from 3rd Purchase(2個買ったら3個目は15%オフ)」とか、そういうのが大好きですよね。とか「Pay buy CITI bank card, get 20% OFF(CITIバンクカードで払ったら20%オフ)」とかetc etc….

時々思うのだけど、1個買って1個タダだったら、はじめの1個の値段は、2個分の値段で設定されてるんじゃないのかな、と疑うのは私だけでしょーか。とか、後からディスカウントされることを見込んで、初めは高い値段で設定されてるんじゃないかと。

そういうの気づかないのかな、と時々彼らを見ていて思ってしまう。

まぁ、彼らのKIASU(人よりも得したい、人よりも抜きん出ていたいというシンガポーリアンの気質)がそうさせるのだろうけど。。。

逆にシンガポールマーケットは、こういう値段設定しないと、彼らにとって魅力を感じさせないということですよね。

 

あと、これもよく思うんだけど、彼ら、レジでの支払いとか、注文がすんごい遅いと思う。

なぜなら、レストランの注文とか、メニューを見れば分かりそうなものを、いちいち店員に「どういう味?」とか聞いたり「これ抜いて、かわりにこれ増やしてくれない?」とか料理をカスタマイズしたりするので、とにかく時間がかかる。

支払いも「どこかのクレジットカードとか銀行のカードで支払ったら割引はないのか」とか「メンバーになったらどういう特典があるのか」とか、とりあえず店員にお得情報を聞き出したりしているから、

注文も支払いも、そのくらいスマートにしてくれないかしら~、と若草はいつも思っている。

 

ほっと一息、コーラゼロがI love you ゆってました。あぁ、いやされる(*^-^*)

シンガポール コーラ

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です