海外で長期生活する場合の国民年金

国民健康保険はどうすればよいか

外務省のウェブサイトによると下記のようにあります。

国民年金
国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の全ての方が加入する年金制度です。加入者は職業などにより3つの種別に分けられています。

1)第1号被保険者:自営業・自由業・農林漁業・学生・無職の方などで20歳以上60歳未満の方(第2号、第3号被保険者以外の方)
2)第2号被保険者:厚生年金や共済年金に加入している会社員や公務員など。
3)第3号被保険者:第2号被保険者に扶養されている配偶者
(注)海外に居住する厚生年金または共済年金加入者及びその被扶養者である配偶者もすべて国民年金加入者となります(第2号被保険者と第3号被保険者)。

海外に居住する日本人も国民年金に任意加入できます。

 20歳以上65歳未満の海外に居住する日本人(第2号、第3号被保険者を除く)は国民年金に任意加入することができます。

 任意加入の手続や保険料納付方法などは、最後に住所を置いていた地域を管轄する市区町村役場か社会保険事務所にお問い合せ下さい。
 なお、平成19年6月まで社団法人日本国民年金協会で手続を行っていた方については、千代田年金事務所(電話:03-3265-4381)にて事務を引き継ぎました。

(注)任意加入しない場合、海外在住期間は合算対象期間として老齢基礎年金を受給するための資格期間に算入されますが、受給する年金額には反映されません。(任意加入しても保険料を納めない場合には、年金額には反映されません)。
 海外在住時に任意加入したうえで保険料を納めれば、死亡したときや病気やけがで障害が残ったときに遺族基礎年金や障害基礎年金が支給されます。
 なお、海外の大学等に留学した場合には学生納付特例制度(学生の方で保険料納付を猶予する制度)は利用できません。

引用;「海外在住者と日本の医療保険,年金」『外務省』

国民年金の加入対象者は、日本国内に住所があることが条件です。住民票の海外転出届を提出した場合、国民年金の加入義務はなくなります。
海外に居住していた期間のうち国民年金に加入していない期間は、「合算対象期間」といい、年金額には反映されないが、受給資格期間(年金を受給するには、25年分納付が必要)には計算されます。

海外提出届を提出した場合でも、海外居住期間中に国民年金に任意加入することもできます。国民年金保険料を納付することにより、将来の年金受給額を増やすことができます。

海外転出届を提出、国民年金は未加入
・国民健康保険は脱退、被保険者資格は喪失
・国民年金保険料の支払い義務はなし
・未加入期間は、受給資格期間には含まれるが、年金額には反映されない
・障害基礎年金の対象外、遺族基礎年金は老齢基礎年金の受給資格があれば対象

海外転出届を提出、国民年金に任意加入
・国民年金は任意加入
・国民年金保険料の支払い義務あり
・保険料を納めることで、受給資格期間、年金額に反映される
 納めない場合は、受給資格期間、年金額に反映されない
・障害基礎年金、遺族基礎年金の対象(要件あり)

海外転出届を提出しない場合
・国民年金は加入
・国民年金保険料の支払い義務あり
・保険料を納めることで、受給資格期間、年金額に反映される
 納めない場合は、受給資格期間、年金額に反映されない
・障害基礎年金、遺族基礎年金の対象(要件あり)

国民保険の任意加入手続き
手続き場所
窓口は、渡航の前後か、年金の納付を国内で代わりしてくれる協力者(親族等)の有無によって異なります。
これから海外に転居する人は、住民票のある役所の年金担当の窓口で手続きできます。
現在海外に居住されている人、代わりに年金を納付してくれる協力者がいない人は、日本国内における最後の住所地を管轄する年金事務所で手続きします。
日本国内に住所を有したことがない人は、千代田年金事務所が窓口です。

納付方法
国内にいる協力者に代わりに納付してもらう場合
納付方法は、国内で支払う場合と同様で、納付書による納付、口座振替、クレジットカード納付、電子納付ができます。日本年金機構からの各通知書類は、国内の協力者宛てに郵送されます。

国内に協力者がいない場合
原則、日本国内に開設している預貯金口座からの口座振替で納付します。

必要書類
年金手帳(年金番号がわかるもの)、本人確認できるもの、印鑑、年金の支払いに必要な書類(預貯金通帳、通帳の届出印など)などです。

国民年金喪失の手続き
住民票のある役所で、国民年金喪失の手続きができます。
住民票の海外転出届を提出後、年金の担当窓口で国民年金喪失の手続きを行います。

参考;
国民年金の任意加入の手続き(日本の年金制度への継続加入)」『日本年金機構』

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です