私はドラマで、英語を勉強した


20140818_204816

海外に暮らしていると、よく聞かれる質問。

「どうやって英語勉強したんですか?」

いい方法がある。

それは英語のドラマを見ること。

英語の字幕か、字幕なしで。

私は、大学が外国語学部だったから、英語を勉強したけど、留学したことはない。

今思い起こしたらたぶん、父が航空自衛隊に勤めていたので、小さい頃から転勤族で沖縄や青森に住んでいたことがあったし、父が働く米軍基地に、小学生の頃から訪れる機会があって、幼な心に触れた、日本のオレンジジュースとは違うオレンジジュースの味とか、日本のピザより大きなピザとか、それらのにおいとか、そういうのにいつの間にか影響を受けてたんじゃないかなって思う。あそこは日本じゃなくてアメリカだったからね。

小学生の高学年から、私は、自ら英語を勉強しはじめて、英語は得意な教科のひとつだった。

それで自然に外国語学部に進むことになったのだけど、大学に入ってみたら、クラスの子たちが結構、高校の時にホームステイしてました、とか留学してましたって人が多くて、私も遅ればせながら、大学1年生が終わった春休みに、人生初海外、アメリカのロス郊外に1ヶ月ホームステイをすることになる。

初めての海外、で感じたことは、思ってることが、思ってるように伝えられない!ってもどかしさと、早い英語が聞き取れないってことだった。自分のレベルを知ることになる。

初の海外から帰国した私が決意したことがある。

それは、毎日必ず映画1本か、ドラマ2話を見るってことだった。

え?それって勉強?って思うかもしれないが、勉強のためだった。なぜなら、字幕はストイックなまでに英語のみだったから。

初めの一ヶ月。早すぎて全然聞き取れない。字幕も早くてついていけない。だから見てても全然面白くないし、むしろ、なんでこんな早くしゃべるワケ?!とか映画にイライラしていた始末。笑

だけど一ヶ月を過ぎたあたりから、theとかthatとか消えがちだけど文をつなげてる小さな音が聞き取れるようになってきて、続けているうちに英語の字幕がなくても、内容が分かるようになった。

習慣になるまで私はこれを続けて1年くらいは、毎日2時間、何かしら見ていた。

リスニングに抵抗がなくなったし、聞き取れるようになったら、TOEICの点数が飛躍的に上がった。もちろんTOEIC用の勉強はしたけど、このとき一気に180点くらい上がった。

ドラマとか映画って、飽きないし、外国語勉強するのにすごくいいと思う。自然な言葉が身につくしね。実際に日本語がペラペラな外国人に、「どうやって日本語勉強したの?」と聞くと、「日本のドラマ」と答える人が結構いるもんね。

今でも、シングリッシュ寄りになってしまいそうなときは、英語のドラマか映画を一気に見てイングリッシュに戻そうと足掻いているし、笑。あとはインドネシア語のレベルが最近落ちてるなーって時はインドネシアのドラマを見たりして、インドネシア語を忘れないように努力している。

話すのは、話す機会をひたすら作って話すしか方法がないけど。。

私の中で究極なのは、頭の中で考える言語を日本語ではなくて、英語にすること。これが私にはまだできてない。私は英語で会話をしているときに無意識に、アタマの中で一端、日本語に翻訳してから、その日本語を英語に直して、話す。だから、一瞬のタイムラグがあるらしい。アタマの中の言語を英語にできるようにトレーニングすること、が、これからの目標でもある。

ちなみに大学時代〜社会人なりたての頃に勉強という名目において見てたドラマ、『Friends』『Ally my love』『24』『Dark Angle』『Sex and the city』。

比較的最近は、『Gossip Girl』『Skins』。

騙されたと思って是非お試しあれ♪~(´ε` )

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

“私はドラマで、英語を勉強した” への4件のフィードバック

  1. 田中美帆 より:

    こんにちは。
    ドラマでっていうのが同じだー、と思いながら読ませていただきました。
    二つ質問させてください。
    ドラマを観ている時に辞書は使いましたか。
    わからない語が出てきた時にすぐ引いたのか、それとも観終わってから?
    もう一つ。字幕無しで観られるようになるまでに、どのくらいかかりました?
    よろしくお願いします!

    • 若草 若草 より:

      >>田中さん
      コメントどうもありがとうございます!(^^)

      テレビで見ていたときは、見ながら辞書を使うのは間に合わなかったので、終わってから気になった単語を辞書で調べてました。

      レンタルビデオだったときは、字幕を英語にして、都度止めて辞書使ってたりしましたが、調べてばかりだと話が進まないので、やっぱり最後に気になった単語というか、よく出てくる単語を辞書で調べてました。

      字幕なしで見られるようになったのは、2ヶ月くらいでしょうかね。昔雑誌に、英語の「100時間マラソン」みたいな広告があったのですが、100時間英語聞いたら聞き取れるようになる、みたいな広告だったと思うんですが、私はこれを元に100時間英語効き続けようと思って。笑。1日2時間x30日x2ヶ月で計約120時間。確かに耳が変わったと思いました。字幕なしでコメディとか見て、普通に笑えるようになったときに、あ、成長したなって思いました♪

      中国語をドラマで勉強中なんですね!英語と違うかもしれないですが、頑張ってください!(*^^*)

  2. 田中美帆 より:

    ありがとうございました。
    やっぱり辞書引いている時間なんてないですよね。
    2か月って短い! 計画の立て方も参考になりました。
    こちら、コメディで笑えるようになるには、もうちょい時間かかりそうです。

    ちなみに今も「1000時間ヒアリングマラソン」はありますよー。
    100じゃなくて1000なんです、あれ。

    • 若草 若草 より:

      >>田中さん
      お返事遅れてごめんなさい!
      1000時間!そうでしたか、学生の頃から勘違いしてました〜、笑

      中国語のほうが発音が難しいし、聞き取るのも難しそうですよね!1000時間!1日2時間だとすると、500日!lol

      私も近々また語学のブラッシュアップに入るつもりです。お互いに頑張りましょうねー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です