シンガポール ワークホリデーパス 条件と申請方法

シンガポールのワークホリデーの概要を見ていきましょう。

ワーホリ期間
最長6か月まで

発給制限
計2000人

就労制限
特に制限はなし

参加条件
・18歳以上25歳以下であること
・オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、スイス、イギリスの大学生、大学卒業生であること
・9カ国の政府により認識されている下記の大学の学術ランキングが200位以内の大学であること
Quacquarelli Symonds World University Rankings
Shanghai Jiao Tong University’s Academic Ranking of World Universities
Times Higher Education World University Rankings
・大学生は、入学して3カ月以上経過していること

ビザの申請方法
1.IPA(in-principle approval)取得
IPA申請は、MINISTRY OF MANPOWER Singapre Government宛に、Eメールで申請します。
宛先:mom_whp_wpd@mom.gov.sg
件名: “Application for WHP.”

必要書類は、
・申請書(MINISTRY OF MANPOWER Singapre Governmentのウェブサイトからダウンロードして記入)
・パスポートの身分事項ページのコピー
・英文の卒業証明書、在学証明書(氏名、国籍、性別、入学日が明記されたもの)
・学生証のコピー(在学生)、
・学生ビザのコピー(留学生)

必要書類は、JPEG形式でデータ化してメールに添付する。ファイルの最大サイズは、証明書は100kbまで、パスポートのコピーは150Kbまでです。

審査期間は、約3週間です。承認された場合、eメールにて「IPA(in-principle approval)」が送付されます。
IPA取得した日付から、3ヶ月以内にシンガポールへ渡航しなければなりません。

2.EPSC(Employment Pass Services Centre)にてワークホリデーパスの発行
渡航後、EPSCの窓口にてワークホリデーパスを発行申請をします。
申請する際は、Appointment@MOMのウェブサイトから予約が必要です。渡航の2週間前に、予約する必要があります。

Employment Pass Services Centre (EPSC)
住所:The Riverwalk 20 Upper Circular Road, #04-01/02 Singapore 058416

必要書類は、
・IPA書類
・オンライン予約時の予約票
・記入済みの「Card Delivery Form」
・パスポート
・出入国カード、もしくは短期訪問ビザ
・シンガポールの住所
・SMSかeメールアドレス

4営業日後に、発給されるので、EPSCまで受け取りに行きます。
ビザの発給費用は150シンガポールドルです。

その他
・仕事が決まっている場合は、雇用主がウェブサイト「EP Online」から取得することも可能です。

参考;MINISTRY OF MANPOWER Singapre Government
Work Holiday Programme

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です