感動はジョグジャにある

ジョグジャカルタ プランバナン

もう行ってから5日も経ってしまいましたが、行ってきました、ジョグジャカルタ。

バリ島にいらっしゃる方がいたら、日帰りのできるジョグジャカルタは絶対に行ったほうがいいと思います!すごくいい!!


バリとはぜーんぜん違います。
さすが歴史のある町。

ジョグジャは世界遺産に登録されている町でユネスコの恩恵をうけてるからかもしれないけど、とにかく道が整備されていて、人々の交通マナーもいい。そして、渋滞がない!

でもわたし夜にバリに帰ってきたときに、空港から帰るとき間違えてトゥバンを通って帰ってしまい、がっかりしました。バリの道はクネクネしてて、ボコボコしてて、お客さんを探してノロノロ運転のタクシーのせいで無駄な渋滞ができて、みんながクラクションを鳴らしてイライラして・・・みんなオカネオカネですさんでるなぁ・・・と。

ジョグジャの人は、人を騙そうとする人もいないし(そりゃあどっかにはいるかもしれないけど)、日本人を見たからっていうしつこいナンパもないし・・・私にとってはすごく過ごしやすかったです。

ジョグジャカルタ ベチャ
京都が好きな人はたぶんジョグジャが好きだろうと言われるけど、そうかもしれない。
ジョグジャは、インドネシアの首都がジャカルタに移る前に首都だった町だから、そんな歴史的な部分も似ているし、整備された街中に未だに自転車の人力車が走っていたりする風景もとてもノスタルジック。人々の話し方もゆったりしていてインドネシアで一番言葉が美しいと言われているんだって。

そんなジョグジャカルタには二つの世界遺産があって、
仏教遺跡の「ボロブドゥール遺跡」とヒンドゥー教の遺跡の「プランバナン寺院」。
深い森の中に突然現れる巨大なボロブドゥール遺跡は力強くてどちらかというと男性的で、プランバナンは女性的な印象を受けたので、私はプランバナンの方がなんとなく好きでした。

どちらもそれぞれの宗教の長い長いストーリーに基づいて建築された建物で(8世紀とか9世紀とか)、ガイドさんの話を1時間も2時間も聞いてても全然飽きなくて、とても興味深かった。

ちなみにこのプランバナン周辺にいたヒンドゥー教徒たちがイスラムの征服から逃れるために逃げたのがバリ島だったんだって。だからバリ島のヒンドゥー教は元々はジャワ島から来たものだったみたい。

ジョグジャカルタ ボロブドゥール

そして、深い森の中、ボロブドゥール遺跡の頂上にいるときにちょうど午後3時のイスラム教のお祈りの時間になり、どこからともなくコーランの、あの独特の音色が響きわたる。それは、何とも言えない不思議な感覚でした。

「感動はジョグジャカルタにある」
そんな言葉が終始頭をよぎりました。

その感動は、
機会のある方はぜひその目で確かめて見てくださいネ。
一度見たら、分かるから^^

★写真上:プランバナン寺院
真ん中:町中を走る人力車
写真下:天に向かって伸びるストゥーパ(ボロブドゥール遺跡より)。この形は何を意味しているのか。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です