シンガポールで救急車&病院体験


シンガポール 病院

びっくり。若草、先日仕事中に倒れてしまい、救急車で運ばれました。

人生初の救急車 in シンガポール。いろいろ困ったことがあったので、まとめておきますね。

昨日、私はマリーナベイ付近のお客さんを訪れていたのですが、仕事が終わった時にすんごい気分が悪くなって、とりあえずお客様に挨拶して早々に退散。

エレベータの前で立っていられなくなって、座り込んでいたところに、一緒に仕事をしていたマレー系とチャイニーズ系シンガポール人のスタッフたちに、「若草、こんなとこrで座り込んでちゃダメだよ、早く立って!」と言われてエレベーターに乗り込んだものの、エレベーターの中でも、とても立っていられなくて、座りこんでしまっていました。

下の階に到着して、やっぱり立っていられなくて、エレベーターを出たところで座り込んでいたのですが、座ることももうままならなくて、もう床でいいから横になりたいってくらい気持ち悪くて。そしたら、ちょうど通りかかったマレー系のそうじのおばちゃんに、「どうしたの、あんた。顔が真っ青よ!」と助けられ、さっきのマレー系シンガポーリアンのスタッフとそうじのおばちゃんに両脇を抱えられ、もう自分で歩けないくらいだったので、取り合えずお手洗いに連れて行かれたんですが、個室に座りながら、汗が滝のように出てくるし、動悸が変だし、頭がグラグラするし、立ち上がれないし、やばい・やばい・やばい・・・!と、トイレの中にまで付き添ってくれていたおばちゃんに、「病院に行きたいから、誰か人を呼んでほしい」と訴えました。というか、叫んでた。

お手洗いから出ると、座れる場所はないかと、近くにあったオフィスに運ばれて、椅子を用意してくれたんですが、座ってるのもツラくて、付き添ってくれてたおばちゃんに「横になりたい」と訴えてたのですが、そこはカーペットが敷いてあるオフィス。おばちゃんにしきりに「ここはシンガポールだから、床に寝るなんてダメ!」と言われつづけ、でもあの時の私が感じるに、明らかに、血圧が下がっていて、上半身、というか頭に?血が巡ってない感じだったので、自ら椅子からずり落ちて、床に横になりました。もう、汚いとか、人が見てるとかどうでもいいって感じで。

もうその時はすでに時遅しって感じで、呼吸がおかしくて、過呼吸みたいになっていて、手と足が痙攣というか、重くて、硬くて動かせなくなっていて。しかし、意識は一応あるので、動かない手と足を感じて、あぁ、わたし植物人間になるのかなとか思ったりした。

でも苦しくて、苦しくて、「病院に行きたい、病院に行きたい」とひたすら訴えていたと思う。

オフィスの人たちが救急車を呼んでくれていたみたいで、「救急車今向かってるから」と言われ続けるも、「あと何分、あと何分!」とか言って、床でのたうち回っていた。

チャイニーズ系のスタッフが横でずっと「リラックス、リラックス」と声を掛けてさすってくれていたけど、リラックスできたらこんなに苦しくないってば!!とか思いながら、そんなこと言い返す気力もなく・・さすってくれる手さえ、不快で、「触らないで!」という始末。

救急車が到着するまでの約15分。たぶんそのくらいだったと思うけど、あの15分は本当に本当に、苦しかった。

 

つづく

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

“シンガポールで救急車&病院体験” への2件のフィードバック

  1. Lily より:

    若草さん
    はじめまして。
    シンガポールのブログをいろいろ拝見していてたどりつきました。
    その後お身体の具合はいかがですか?
    原因などおわかりになりましたか?
    今日初めてブログを拝見したので、まだ若草さんがどのようなお方かつかめていないのですが、
    あまりに緊迫した内容にドキドキしながら進み読みまして。
    思わずコメントさせていただきました。
    お気を悪くされたら申し訳ないのですが、
    パニック障害なんかではないですか?
    私も以前経験して、症状が似ていたので。。。
    貧血ともおっしゃってましたね、どうぞご自愛ください。
    長くなってすみません、ブログ読ませていただきます!

    • 若草 より:

      >>Lilyさん
      初めまして!若草です。
      コメントありがとうございます!

      このあとかなり体調に気をつけるようになったので、その後は平穏に過ごしていますよ。お気遣いありがとうございます(^^)

      診断は、急性低血圧ではないかと、看護婦が言ってましたが、研修医と思われる医者がきちんと教えてくれなかったので、数日後、病院に検査結果のレポートを取りに行ったら、レポート代に108ドル掛かると言われて、一旦保留にしてます。まさか、レポート代取ると思わずΣ(´∀`;)

      救急車が来る前は確かにパニック状態だったみたいです。看護婦にも言われました。パニック障害というと、よくパニック状態になるということでしょうか?
      しかし怖いですね。。

      4月、5月、暑い時期なので、お互いに体に気をつけましょうね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です