在留届けについて

在留届とは

旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。

引用;「届出・証明」『外務省』


在留届というものは、海外に3か月以上滞在する場合に、提出しなければならない書類ということです。

在留届の目的
海外で緊急事態(事故、事件、災害、テロなど)に遭遇した場合に海外に住む日本人の安否を確認するのが目的です。
日本国大使館、総領事館は、海外に住んでいる日本人を援助するために存在し、「海外に住んでいる日本人」を把握するに必要があるのです。このように、目的があり、旅券法という法律により義務化されているので必ず行いましょう。

在留届の提出方法
在留届の提出方法は、大使館・領事館に持参、インターネット、FAX、郵送で提出が行えます。

・インターネットで提出
ウェブサイト「在留届電子届出システム(ORRnet)」から必要事項を入力して提出できます。

・大使館・総領事館に訪れて提出
大使館・領事館にて「在留届」に必要事項を記入して提出できます。

・FAX、郵送で提出
「在留届」用紙は、大使館、領事館で直接入手できる他に、インターネット、郵送、FAXから入手できます。

インターネットから入手する場合は、「外務省 在留届(PDF)」からダウンロードできます。
URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/image/zairyu.pdf
郵送で入手する場合は、大使館、領事館に在留届を入手希望の旨記載し、返信用封筒(返信分切手貼付、宛名記入)を添えて郵送依頼することで入手できます。
FAXから入手する場合、FAX機能付き電話から外務省音声自動応答システム(東京03-5501-8490)に電話し、音声ガイダンスに従って資料番号41100#を指定すれば、用紙をFAXにて受信することができます。

在留届を入手後、必要事項を記入し、管轄する大使館、領事館に提出しましょう。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です