国際運転免許証の取得方法

国際運転免許証とは、1949年にジュネーブにおいて締結された「道路交通に関する条約」(ジュネーブ条約)に基づいて、条約加盟国が相互にそれぞれの国で発行された免許を認め合うものです。渡航先国の免許を所持していなくても、車の運転が可能になります。

取得方法
住所地の公安委員会が管轄する運転免許試験場(運転免許センター)や、住所地を管轄する警察署(一部は不可)にて申請する。免許センターの場合は、即日交付、警察署の場合2週間程度で交付されます。手続き手数料は、2650円です。

必要書類
・国外免許証交付申請書(申請用紙は窓口にある)
・外国に渡航することを証明する書類(パスポートや航空チケットなど)
・現在交付されている免許証
・免許証用写真( 申請前6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、無背景で、胸から上が写っているもの。大きさ5.0×4.0cm)
・代理申請の際は、申請者が親族等に宛てた依頼状等委任状

有効期間
発給日から1年間有効。有効期間内であれば何回渡航しても有効です。
国外運転免許証には更新制度がなく、有効期間1年間が過ぎると効力がなくなり、それ以降も外国で運転したい場合は再度、申請手続きが必要です。

免許の効力
国際運転免許証は、所持している運転免許証の他国向け翻訳という性質を持つ為、実際に国際運転免許で運転をする場合は、国際運転免許証と、日本の運転免許証の両方を携帯しなければなりません。
また、国際免許証は、旅行者に限られたり、短期間(1~3か月)のみ有効という場合もあります。その際長期滞在者は、赴任地での免許に切り替えるか、その土地の免許証を取得する必要があります。
例:アメリカ合衆国
ジョージア州:30日
ノースカロライナ州:60日
ハワイ州: 国際免許が1年間有効

国際運転免許証が有効な国(ジュネーブ条約加盟国)

アジア アラブ首長国連邦、インド、大韓民国、カンボジア、シリア、シンガポール、スリランカ、タイ、バングラデシュ、フィリピン、香港、マカオ、マレーシア、ヨルダン、ラオス、レバノン
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア
アフリカ アルジェリア、ウガンダ、エジプト、ガーナ、コンゴ共和国、コートジボアール、コンゴ民主共和国、シエラレオネ、ジンバブエ、セネガル、中央アフリカ、チュニジア、トーゴ、ナイジェリア、ナミビア、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モロッコ、ルワンダ、レソト
ヨーロッパ アイルランド、アイスランド、アルバニア、イスラエル、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、キルギス、グルジア、サンマリノ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、トルコ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、モンテネグロ、ルクセンブルグ、ルーマニア、ロシア
北、中、南アメリカ アメリカ、カナダ、キューバ、グアテマラ、ジャマイカ、ドミニカ、トリニダード・トバゴ、ハイチ、アルゼンチン、エクアドル、チリ、パラグアイ、バルバドス、ベネズエラ、ペルー

参考;警察庁
海外滞在中で日本の免許をお持ちの方

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です