住民票の海外転出届について

住民票とは、日本で作成される住民に関する記録で、現住所の市区町村で管理されています。

海外で長期間滞在する予定がある場合、現住所を海外に滞在にする手続きが、「海外転出届」です。
海外転出届は、法的に規制はされていませんが、海外滞在が1年以上の場合が海外転出届を提出するを目安のようです。

手続き方法は、役所や出張所に、海外提出届を提出します。
行政によって異なりますが、必要書類は、本人確認ができるもの(運転免許証・パスポートなど)が必要で、役所で交付されたもの(国民健康保険証、印鑑登録証、住民基本台帳カードなど)を返納する必要があります。
届け出期間の目安は、転出予定日の14日前から転出してから14日以内のところが多いです。
委任状があれば、代理人の申請も可能です。
詳しくは、現住所の役所に確認してください。

留意事項
*海外転出届を提出することで、住民税・健康保険・年金を支払う義務がなくなります。
*海外転出届を提出せず、住民票を日本に住んでいる状態にして海外で滞在しても問題ありません。
ただし、現住所が、日本にある場合、住民税・健康保険・年金を支払う義務があります。

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です