踊る麺職人@Hai di Lao Huo Guo 海底捞火锅


20141116_183224

このレストラン、おもしろかったし、おいしかった!クラーク・キーにある「Hai di Lao Huo Guo 海底捞火锅」。

麺職人が踊ります。かっこいーー

最近、わたしの周りはチャイニーズ系の友人が非常に多いのですが、シンガポーリアンであったり、メインランドからのチャイニーズであったり。

なので、ごはんを食べに行くとたいてい、チャイニーズです。

そして集団で行くとたいてい、スチームボード(火鍋?)です。

すっかりスチームボードにも飽きてきているここ最近、ごはん行こうよ!というので、どこ?と聞くと「Hai di Lao Huo Guo 海底捞火锅」に行ってみたいと言うではないですか。何の料理?と聞くと、「スチームボード」と。またぁ?!と明らかに顔をしかめる私をよそに友人は、「ここのスチームボードは他のところとは違うから!」と。

ほんとかなーーと思いながら、到着したクラーク・キー。

店内はこんな感じでいつも行くローカルのスチーム・ボードのお店よりもだいぶ高級感が漂っています。

20141116_175113

日曜日の17時だというのに、既に1時間待ち。かなり人気のお店みたいです。

このお店の何がすごいって、待ってる間に無料でネイルをやってくれるんです。名前書いて順番待ちですけどね。

20141116_194638

そして子供が遊べるキッズスペースも完備していて、すべり台とかあったし。

更に大人には待ってるとき用につまめる無料のスナックとかフルーツとかデザートとかドリンクとか・・・etc、をバーからね、取ってきて自由に食べれるんです。

私たちは、1時間待ちといわれましたが結局40分くらいで席に案内されました。

20141116_175058

右側が辛いスープと、左側の白いのが辛くないスープ。

辛くないほうのスープは、鳥骨鶏(うこっけい)のスープで美味でした。おいしかった~~

20141116_180148

いつものローカルの安いビッフェスタイルのスチームボードとは違って、こちらはひとつひとつ好きなものをメニューからオーダーするスタイルでした。

ソースはこちら。

20141116_175721

ソースバーがあって、自分のお好みでソースを作ります。

というか、このお店にはソースバーの前におばちゃんがいて、いわゆるbusybodyなtypical auntieが、「あんたどういうソースがいいの?」と言って、あーだこーだ言うとおばちゃんがいろいろ混ぜてくれます。

わたしは辛いのが苦手なので、いつも大体、おしょうゆ・セサミオイル・セサミ・パクチーみたいな香草たっぷり+@、のソースになってしまう。他にもチリとかチリソースとかセサミペーストとか、味噌とか、塩とか砂糖とか、いーーっぱい調味料があるので、お好みのソースを作ってみるのは楽しいです。

スープに味がついてるので、そのまま食べてもいいし、このソースにつけながら食べてもいいし、って食べ方です。

このお店、超人気店で有名なだけあってか、サービスもすごくよかったです。店員さんがこまめにテーブルに来て、たりないものがないかとかちゃんと見てくれる。ローカルのお店ではあんまりないですよね。

 

そして周りがざわざわするのでどうした?と見てみると、

なんと、麺職人が踊っていました(*o*)

20141116_183047

踊りながら麺を打っている・・・いや・・・打ってはいないのかな・・・

麺をぐるぐるぐるぐる・・・・・

20141116_183224

かなり軽快なステップです。ヒップホップ系でした。笑

20141116_183215

ときどき麺をお客さん側に投げるそぶりをしてみたり。お客さんのつかみはバッチリです。

そして最後に麺を整えて、鍋の中へ投入。

20141116_183310

この麺職人(そもそも職人なのか・・・笑)のお兄さん、

この麺がオーダーされる度にキッチンから出てきて毎回テーブルの前で踊るんです。

面白かった~。彼はこのレストランの顔ですね。

 

おいしくて、おもしろくて、サービスもよくて、私たちが頼んだ内容で一人38ドルでした。日本食レストランに行くのに比べたら、そんなにすごーく高くはないかも?

星、5つです。★★★★★

スチームボードに行くならここだな!

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です