Time waits for no one


949099557_40

2ヶ月前、オーストラリアから日本に帰ってきて。
やりたかった夢破れて、佐渡に流れ着いた。

それから、この先どーしようと毎日毎日悩んで、
でもやりたいことなんて考えたところですぐに見つかるものじゃなくて、答えはずっと出なくて。

高校生まで過ごしたこの部屋で
私は昔何になりたかったんだろうと考えていたとき、
そうだ、私は昔「世界中を飛び回る仕事がしたい」と夢見てたんだなって、思い出した。

日本のことも知らないのに海外なんて、って言う人もいるけれど、
私はこの時代だから別に日本にこだわらなくてもいいんじゃないかと思ってる。日本だから、海外だから、って別に差はないし。人はどこにいっても人だし。生まれたのがたまたま日本で、たまたま私は日本人だっただけなのだから。せっかく生まれたのだからいろんな所を見てみたい。

もう一度、海外に行きたいなー
でもその前に貯金もないしスキルも・・・って日本のリゾバを探していた時に
mopiさんが
『人間、最短距離を選んだと思っていても遠回りしてるもんなんだから、自分から遠回りの道を選んでどーすんだ』
って感じの日記を書いていて
あぁ、そうか。と思った。
それが一番私の背中を押した言葉。本人きっと気付いてないけど。mopiさん、あなたのおかげだったんです。

それからバタバタ海外のことが進みだして、同時に佐渡のみんなと離れるのがさみしくなって。毎週末同じメンバーで遊んで遊んで遊んで。

家族ができた。
心配性のお父さんに
どっちつかずのお母さんに(笑)
頼もしい、妹たち。

ホンっトいろんなことした。いくつになっても青春まっしぐら。
新しい人にもたくさん出会った。友達100人できるんじゃないかってくらい。濃かった。濃かったよ、この1ヶ月。

佐渡には何にもなくて
あんなに出たい出たいと思っていたけれど
やっぱり佐渡にいてもいいのかも、ここで結婚とかして幸せに暮らしていく人生もいいのかもって思うほど、みんなのおかげで佐渡が大好きになってました。

私は人に恵まれてる。
で、周りの人からすごく愛情を与えられてると思う。
ちょー幸せ者。

旅立つのはこれで最後にする。
そしたら佐渡に帰ってきて暮らそうかなって思った、この1ヶ月。
そう思えたことは私にとってすごくすごく大きな意味があった。

さて。旅支度をして
またバリバリ働こう。

★スカイラインドライブしてきた。二ツ亀目指すも、高千過ぎたトコで挫折。相川広すぎ(–;  相川からの夕日

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です