パスポートの更新手続き方法

パスポートの有効期限は、5年か10年です。
長期で海外に滞在する場合、有効期限に気をつけなければなりません。

更新手続き(切替発給)は、パスポートの残りの期限が1年未満となったときに、更新できます。
更新する場所は、国内での申請の場合は各都道府県の申請窓口、国外での申請の場合は日本大使館または総領事館にて行うことができます。

更新に必要な書類は、下記を参照下さい。

残存有効期間が1年未満となったとき(切替発給)

国内で申請する場合
1.一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
2.住民票の写し 1通
 (必要となる方)
 (1)住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始していない市町村に住民登録をされている方
 (2)同ネットワークシステムの利用を希望されない方
 (3)住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方
  (この場合、都道府県によっては対応が異なりますので、詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。)
3.写真(45ミリメートル×35ミリメートル) 1葉
4.有効旅券
 返納していただき、失効処理をいたします。残存有効期間は新しい旅券の有効期間には加算されません。
5.戸籍謄本又は抄本 1通
 記載事項に変更がある場合のみ必要

海外で申請する場合
1.一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
2.写真(45ミリメートル×35ミリメートル) 1葉
3.有効旅券
 返納していただき、失効処理をいたします。残存有効期間は新しい旅券の有効期間には加算されません。
4.戸籍謄本又は抄本 1通
 記載事項に変更がある場合のみ必要

(注)国、地域によっては、査証申請時又は入国時に必要な旅券の残存有効期間を設けている場合があります。旅券の有効期間の確認には十分ご注意下さい。

引用;外務省 国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類

パスポートの更新の仕方は、提出書類の身分証明書が、パスポートになっただけで更新料も初めて発給したときと変わりなしです。更新というよりは、新たに身分を確認して再度発給している感じですね。正式には、パスポートの切替発給と名付けるれているだけのことはありますね。

切替発給の流れは、証明写真、住民票、戸籍謄本を用意して、パスポートを持って、各都道府県の申請窓口へ。戸籍謄本は、結婚して名字が変わったり、本籍地を変更した場合などのときのみ必要です。一般旅券発給申請書は、現地で記入して、そして申請。

申請してから受領までは、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかり、その後、受領です。受領の際は、申請の時に渡された受理票を持って、手数料を支払えば完了です。

手数料一覧

旅券の種類 都道府県収入証紙 収入印紙
10年間有効な旅券(20歳以上) 2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上) 2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満) 2,000円 4,000円 6,000円

ほんとに、新たにパスポートを作るというイメージです。

有効期限については、旧パスポートの残りの有効期間は失効され、新パスポートの有効期間は、作成日から5年か10年間となります。なんだか旧パスポートの有効期限がもったいない気が…

日本ブログ村バナー
にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です