新春、Sushi♡パーティ!


年が明けてからの初めの週末に、おうちで寿司パーティをしました。

外国人のお友達をメインに呼んで、来てくれたのは、マレー系シンガポール人、台湾人、インド系インドネシア人、中華系シンガポール人、タイ人と、日本人のお友達たち。

 

10人くらい来てくれたのかな?

お料理を10人分作るのは大変なので、自分で巻けて、楽しい手巻き寿司を中心に、いなり寿司、ちらし寿司、お雑煮と、余った野菜でサラダやきんぴらゴボウを作りました。

 

新潟出身なので、新潟の日本酒も用意して^^

 

 

Sushi!

Sake!

 

と、

ザ・ジャパンで、

 

外国人のお友達たちには、新鮮なパーティだったのではないかなと思います(*´∀`)

 

実際、すごく喜んでくれていました(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

ところで、外国人とホームパーティするときに、日本といくつか文化の違いがあります。

 

ひとつめは、みんな宗教が違うので、食べられない食材があるということ。

 

ちなみに今回は、マレー系シンガポール人の子がムスリム(イスラム教は、豚肉とアルコールなどがダメ、なんだけど、この友達は豚肉だけ食べない軽めのムスリム)、そしてベジタリアン(お肉やシーフードがダメ、だけどこのお友達は卵とチーズは大丈夫でした)のお友達がいました。

 

次の週にももう一度別の友達と手巻き寿司パーティをしたんだけど、そのときの子は、完全ベジタリアン(お肉、シーフード、卵、チーズ全部ダメ)なインド人と、ムスリムのインド人(お酒は飲むけど、豚肉はダメ、牛肉もダメ)でした。

 

 

なので、ベジタリアンのお友達用に巻くものは、きゅうり、アボカド、スプラウト(かいわれみたいなやつ)、シソ、梅干し、フェイクミート(大豆で作ったお肉もどきの食材)を多めに用意。

 

この懸念は、日本人だけだとないですよね、笑

 

なので食材用意するときに、食べられない食材やアレルギーの有無などをみんなに聞きます。

 

 

ふたつめは、ホストがお料理や飲み物を用意するので、ゲストにお金を請求しないということ。笑

 

日本人のお家パーティとかなら、最後にみんなで割り勘しますよね?

 

外国人は、というか日本人以外、この習慣がないので、みんな呼ばれた代わりに、ワインや飲み物、デザートなどを手土産として持ってきます。

 

それで、パーティが終わったら、「呼んでくれてありがとう!」と言って帰るのが当たり前。

 

今回の寿司パーティでも、最後に日本人の友達だけ、「いくらだった?」と聞きにきてくれたのですが、さすが日本人だなと思いました(^o^) 笑 でも外国人が多かったし、ご遠慮しました。

 

あ、でも今回は、10人分の飲み物を私が買うと重くて運べなさそうだったので、料理と日本酒は私が用意するから、あとは飲みたい飲み物だけ自分で持ってきて形式にしました。BYO (Bring your own drink)的な。買い物楽でした(^^)v

 

 

手巻き寿司、切って盛るだけだし、用意も簡単で、ワイワイ楽しくできるのでおすすめです♡

 

日本食材と日本酒は、ほぼ話題のドンキで調達。野菜などは地元のスーパー(Fair price)で十分です。

 

 

では、みなさま今年もよろしくお願いいたします♡

 

 

にほんブログ村バナーをおしてくれワン!
   ↓ ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です